井の頭歯科

「ブラック・ミラー」 シーズン2 5話 『White Christmas』を観ました

2019年7月19日 (金) 09:27

カール・チベッツ監督          Netflix

ダークなオリジナルオムニバスシリーズのブラックミラーのシーズン2を観てしまいました。やらなければならない仕事がたくさんあるのに現実逃避してしまいました・・・しかし、観て良かった大変良質な作品だと思います。1シーズンに1つは、大変面白い作品が含まれています、特にシーズン2ではこの「White   Christmas」が飛び抜けてクオリティが高く、脚本が練られていて面白かったです。

外界から離れたとある小屋に暮らす2人の男、5年も暮らしているのにほとんど話しをしなかったこの2人の男が、クリスマスに始めて話し始めます。マシュー(ジョン・ハム)は全く喋らないジョーに向けて、自分の昔の話しを語りはじめるのですが・・・というのが冒頭です。

素晴らしく練られた脚本だと感じました。そして映像のクオリティもとても高いですし、これは映画館で流しても問題ない作品だと思いますね。作風で最も近いと感じたのは、日本んの映画監督今 敏作品です。現実の底が抜けるかのような、リアルな感覚の溶解を味わえる作品。ですが、何も知らずに観ていただくのが最も効果的な鑑賞方法だと思います。

ネタバレは避けての感想ですけれど、自我とは何か?という大変哲学的な問いかけへの思考実験作品とも言えます。大変恐ろしい話しでもありました。

ブラック・ミラー シーズン2 の1話 『Be  Right  Back』はかなりヘンテコなお話しでした。イングランドの田舎と思われる場所に引っ越してきたマーサは、突然交通事故で夫アッシュを失うのですが、というのが冒頭なんですけれど、とても女性的な感覚があれば、ヘンテコに感じないのかも知れませんが、自ら起こしたアクションの結果を、責任を回避しているように和他私には感じてしまい、もう一つでした。

第2話『White   Bear』も設定的にはかなり飛躍している作品です。何の説明もないままに、ある環境に陥れられる女性を扱った作品なんですが、最後の最後に、これまで見ていた作品のある側面を見せつけられ、大変驚愕はするんですけれど、何かもうひとつ腑に落ちないんです、すごく、驚かせようと思った、というだけで、理由が無いんです・・・これもちょっと残念でした。

第3話『The  Waldo  Moment』は、青いクマのアニメーションキャラクターの中の人、補欠選挙に出る事になってしまったウォルド―の悲哀を描いた作品で、これもとてもクオリティは高いのですが、最後の最後とCIAはちょっとやり過ぎてしまった感があります。ですが、政治風刺モノとして面白かったです。

ディストピア映画が好きな方にオススメ致します。

「ブラック・ミラー」1シーズン 第1話 『The National Anthem』を観ました

2019年7月12日 (金) 09:21

オットー・パサースト監督         Netflix

ネットフリックスにずっとオススメされていたのですが、なかなか何シーズンも続くシリーズを観る時間が無いな、と思い手を出さなかったのですが、1シーズンが3話、2シーズンが4話と知って手を出しました。が、これがめっぽう面白いです。1話完結の、非常にダークなSF(?)作品です。

現代のUKと思われる国。その首相を務めるマイケルは早朝に電話で起こされます。ある誘拐犯からの動画で指示を受けています。国民から人気の高い皇室のスザンナ妃を監禁していて、その犯人の要求は・・・というのが冒頭です。

この犯人の要求がすさまじく予想外である点、そして、その為に周囲の人間が様々な行動を取るのですが、この様が、非常にリアルなのです。もし、このような事態に陥ったとして、取られる行動の、何が正しく、何が間違っているか?また、ある種の品位、人間性、人格、様々な点が問われるのです。

物凄く恐ろしいIFだと思います。仮に首相でなかったとしても、です。

興味本位の人間の、欲望に抗う事の難しさ、についても考えさせられます。

果たして、何が正しい行動だったのでしょうか?

シーズン1はこの後に第2話「Fifteen  Million  Merits」という完全管理社会の中でもオーディション番組の写す、グロテスクなリアルを扱った作品と、第3話「The  Entire  History  You」人間の視野範囲、つまり見たモノ全てを記憶出来て、しかもすぐに再生出来るチップが生まれている社会の闇を描いた作品がありますけれど、この2本は、それほど特殊でもない感じでした。もちろんクオリティは高いのですが、それぞれのSF設定を生かすのであれば、少々物足りなく、捻りも弱いと感じてしまいました。しかし、第1話は、想像を絶する展開で驚きましたし、大変考えさせられる話しだと思います。

ダークなSF作品が好きな方に、オススメ致します。

「主戦場」を観ました

2019年6月17日 (月) 15:05

ミキ・デザキ監督       東風

ドキュメンタリー映画ってそもそも、いいように編集で出来るので、事実を捕えているかどうか?も不明な上に、印象操作する事の出来る形態の映画、という事が出来ると思います。そうでないドキュメンタリー映画監督は私はフレデリック・ワイズマンしか知りません(フレデリック・ワイズマンの処女作で傑作の「チチカット・フォーリーズ」の感想は こちら )。主張に沿った部分を切り取って使う事が出来る、という部分を理解出来ていないと、事実と見誤る事に繋がってしまうと思います。そもそも主張があって製作している事も多いですし。しかし、そう思って観ていると、なるほど、こういう考え方の人もいるのだな、と知らない世界を知る事が出来る楽しい部分も大いにあると思います。

主題に挙げられている従軍慰安婦問題について、私は全然知識がありません。特に調べようと思った事もない事象について扱った映画です。が、論争が起こっているという意味で興味が湧きました。

中学生の頃、何故人間にはしっぽがないのか?を友人と話し合ってた事があります。私はしっぽがあったら便利だな、というだけでしっぽ擁護派になったのですが、その後立場を入れ替えて話しをする機会があり、議論がより面白くなった事を経験して以来、こういう議論に興味があります。ただ、あくまで面白い事と、議論が深まる事は別ですし、さらに、結論が出るかどうか?も不明だと思っています。人は結局見たい現実しか見ない生き物なのかもしれませんし。

この映画の中では、様々な立場の人のインタビューを、かなり切り取って、都合の良い様に編集、されている映画です。ある意味監督の主張を補強するように作られている映画、と言い切って良いと思ます。

また、その主張を完全に正しい、と決める事も出来ているとは思えませんでした。

ただ、この映画の中で、唯一、転向している方の言葉の重み、については説得力があると思います。個人的な意見ですが、転向したことが無い、という人はあまりいないのでは?と思っています。その事に気付かせてくれた名著『戦後日本の精神史 1931-1945』の感想は こちら です。

他者に対しての節度、言葉使い、その場にいない議論相手への敬意が感じられない口調で話しをする人たちの主張は、薄っぺらく、感情的で、不快な気持ちにさせられます。

端的に美しくないのです。

個人的には、一堂に会して議論の場を与えればよかったのに、と思いますけれど、議論する相手への敬意が払えない人は、議論のルールさえ守る事の出来ない人間なので、まぁ無理なのかな?とも感じました。もう少し言い負かすのではない議論のやり方があっても良いのに、といつも思います。

ただ、大変重いトピックを扱っているので、体感時間がかなり長く感じました。もう少し短く出来たんじゃないかな?

よく知りませんが、在特会、という集団には嫌悪しか感じられません。はっきりとレイシストですし、不特定多数の殺害を表明しており、警察組織は何をしているんだろう?という疑問を持ちました。

ドキュメンタリー映画が好きな方に、オススメ致します。

「海獣の子供」を観ました

2019年6月14日 (金) 09:24

渡辺 歩監督       東宝アニメーション

まず、原作既読です。そして、五十嵐大介さんの漫画の中では、個人的な評価は、普通な作品、と思っています。おそらくほぼすべての既刊されている漫画単行本については目を通しています。その中でも、かなり作品内のリアリティラインがぶれる作品だと思います。個人的傑作は「魔女」だと思いますし、その中の1つの短編を題材にした映画なら、もっと素晴らしい作品になっていたと思います。

ただ、五十嵐さんの絵柄(私は個人的には、宮崎駿先生の直系と、漫画では、感じております)、この余白を基本的には嫌うかのような書き込みの多さと豊かさに満ちた、この絵柄こそ、五十嵐さんの最も特徴的な部分で、自然に対する憧れと畏怖が入り混じった描写が最高だと思うので、映画化していただけて、大変喜ばしく、嬉しく感じました。その絵が動いている、それも自然に感じられる、という1点において、この映画は素晴らしいと思います。

しかし、ストーリィは大変飲み込みにくい作品であるのも事実だと思います。果たして海と空をどう捉えたら良いのか?は考えても分からないです。けれど、まるで曼荼羅のような映像体験としての素晴らしさ、トリッピーな体験としての、サイケデリックをさらに進めた、言い方は少し雑であまり使いたくない単語ではありますが、スピリチュアル 的 な映画としては、かなり突出していると思います。ただ、私はあまりスピリチュアルなモノを評価したくない感覚があります。辞書によると、霊的な、魂、とかそう訳されていますが、使っている人の感覚を考えると、いわゆるニューエイジ的な神秘主義的なモノと考えているような気がします。まぁ名探偵ホームズの原作者で有名なコナン・ドイル先生を考えて頂けると、分かり易いと思います。

冒頭の主人公視点でのZ軸に進んでいくアニメーションもあまり見た事がなかったシークエンスで良かったです。

ただ、少々話しを飛ばしていますし、本当は5巻完結漫画を2時間でやるのは無理があると思いますし、デデという大変特徴的なキャラクターを非常に都合良く使っている、という点も気にはなりますけれど。

隕石の意味、海と空の存在の意味、ラストの意味、そういう事を考えたらだめで、そのまま受け取れる人には最高の映画(映像?)体験になろうかと思います。

精密でそしてグロテスクで、そして美しくてどこか儚いモノを描かせたら画力で言えば日本のトップクラスの絵を、動かしてくれているだけで感謝すべきなのかもしれません。

自然、に興味のある方、原作を読んでいる方にオススメ致します。

「ビッグ・フィッシュ」を見ました

2019年5月28日 (火) 09:21

ティム・バートン監督           コロンビア

ティム・バートン監督の名作と言われているのと、最近知ったお店の名前がこの映画のタイトルだったので、観る事にしました。

やたらと話し好きな父エドワード・ブルーム(アルバート・フィニー)に蟠りがある息子ウィル(ビリー・クラダップ)は、父が倒れたと聞いて故郷の街に帰ってくるのですが・・・ 大変ファンタジックなお話しになっています。

しかもすっごくキャストが豪華で、父をアルバート・フィニーもイイんですけれど、その回想シーンで輪かい父をユアン・マクレガーが演じていて、そこも大変良かったです。でも、ユアン・マクレガーは年を取ったらアレックス・ギネスに似てくると思ってたのに(ええ、スター・ウォーズの世界ですと・・・)、アルバート・フィニーになっちゃうのも何となくわかりますけど・・・

とってもファンタジックで、少し不思議(=藤子・F・不二雄先生のいうSF)で、とてもお伽話っぽい、温かみのある世界の話しです。

何処か、童話っぽくなるのもティム・バートン監督作品の特徴だと思いますけれど、この作品は上手く行っている作品だと思います。時にはそうは思えない作品もありますけれど。

『シザー・ハンズ』が粋な方にはオススメの作品だと思います。または『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が好きな方なら絶対好みの作品だと思います。

まぁ、すっごくご都合主義的な展開と言えば、それまでですけど。それに、私はある女性のフィアンセの結末には、少々やり過ぎを感じました。あまりにも、どうでも良く扱われてて・・・可哀そう。 家族がいる方に、家族関係に良いイメージのある方に、オススメ致します。

ブログカレンダー
2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ