井の頭歯科

「まったく同じ3人の他人」を見ました

2021年2月3日 (水) 09:24

ティム・ウォードル監督     CNNフィルムズ

インタビュー形式のドキュメンタリー映画です。双子の双子性ってあると思います。似ているというか、そういうのではなく、遺伝子情報が同じだからこその、特異性という事ですが。しかし、もし、幼い頃に引き離されていたら、というもしも、を扱った映画です。

1980年のアメリカの地方都市の大学に19歳で入学したボビー・シャフランは、初めて大学の敷地に足を踏み入れたのに、周囲の人間が非常にフレンドリー、否定的に言うなら馴れ馴れしい態度をいぶかっていると・・・と言うのが冒頭です。

タイトルでネタバレに繋がるので、ここまでは話していいと思いますが、何故かボビーには会った事が無かったにも拘らず双子のエドワード・ガーランドが存在していて、大学で初めて顔を合わせる事になるのです。しかも、そのニュースを見て、さらにもう1人ディビッド・ケルマンがあまりに似ているニュースの双子と会うと、三つ子だったことが分かります。

何故こんな事が起こったのか?についてのドキュメンタリーです。

養子縁組が日本よりは社会に根付いた国や地域の話しです。私は理想的だと思いますが、血族社会で村組織の延長のような、封建的な日本社会にはなじみにくいでしょうね。どんな社会でも利点と欠点がありますけど。保守的というのはある程度の変更や徐々に変化する事を認めるモノだと思いますし定義的にそうなんですけれど。そういう意味では保守的なんじゃなくて封建的(決まり切っていて絶対に価値観が変わらない)なんだと思います日本と言う国家は。養子縁組制度はもう少し広まればいいのに、と思います。

ネタバレは無しの感想ですので、余り踏み込めないのですが、私は少し陰謀論的な匂わせすぎな感じを受けました。シャンパンは、ちょっと記憶というあやふやであいまいで思い込みで改竄出来る、という認識を改めて意識させられます。

そしてなんでもショーアップして消化するアメリカナイズされた80年代の頭悪い感も、同時に意識にあがります。

トリプレッツTripletsと言えば、私には栄光のDallas Cowboys の#8 Troy Aikman #22 Emmitt Smith #88 Michael Irvinの3人の事です。

もう一つ小さなネタバレを含みますが、遺伝子と環境の2つだけで何もかもが決まるわけがないと思います。時と縁や運、与えられた書籍や映画や芸術に触れた回数を含むすべてを環境の一言で表すのはちょっと行き過ぎた二元論だと思います。

双子的なモノに興味のある方(吉野朔実の漫画「ジュリエットの卵」みたいな事です)に、オススメ致します。

「透明人間」を見ました

2021年1月26日 (火) 09:27

リー・ワネル監督     ユニバーサル・ピクチャーズ

映画雑誌でもかなり上位に入っていましたし、でもなんとなく地雷臭もしたのですが、2021年も3週間以上経つのに、いろいろ忙しくてまだ1本も映画を射てなかったので、まぁちょっと見てみようかな、と言う感じで手を出しました。

物凄い豪邸で寝ている女(エリザベス・モス)は同じベッドで寝ていた男から逃れるべく、ジアゼパムまで使って逃げ出そうとしているのですが・・・と言うのが冒頭です。

タイトルに透明人間と言ってますので、そりゃ透明人間が出る映画なんだろう、というミスリードが大変上手いです。

執着、という人間の感情をエンジンにした映画として面白いと感じました。

さらに、透明な存在を映像で見せる面白味にも溢れていますし、悪くない作品だと思いますが、正直、これが昨年公開作品の中で、それほど大きな扱いを受けるのはどうかと思いました・・・映画としては致命的な欠点がある作品だと思います、私は。多分ホラー作品という事で、ホラーの文脈的には、原因とか設定とかはどうでも良くて、面白ければいいんだよ、という事でしょう。私も映画の中の韓国警察の杜撰さや間抜けさは受け入れてしまう部分があるので分かります。分かりますが、世界観を飲み込めるくらいに没入する為にはある程度のリアリティを整える必要があって、その後でなら、ある種のブラックボックスが出ても構わないのですが、そこまででは無かったように思えますし、非常に致命的な欠点だと思います。

とにかく、エキセントリックとか、メランコリーとか、ヒステリックとか感情的な、エモーショナルな事が好きな人(ええ、男女差別者と言われようとも、私の実感では女性の方が感情的だし、共感的だと思います)向けの作品。

あとね、いわゆる犯罪行為だと思うんですけれど、私個人は、本当にこういうのイヤですけれど、執着されるくらい感情的である、という事をもって私を特別視している→好かれている、と思い込む事で共依存している人を見かける事がありますけれど、今の所私調べだと9割以上が女性なので、そういう人が見たら、これも幸せ、とか言い出すんじゃないかと思います。何のことだかワカラナイとは思いますが、映画「ミッドサマー」のラストの笑みを肯定的に捉えられる人はこの映画が好きになれると思います。

執着をエンジンにしたサスペンスであり、精神のありようを扱った作品なので、好みで言えば好きなはずなのに、よくなりそうなのに、肝心のポイントが全部外れていた映画作品です。

ホラー作品に興味のある方に、オススメ致します。

アテンション・プリーズ!
ここからネタバレありの感想です、文章に乱れがあるのですが、それも込みでの、表現です。しかし、わざわざそんな文章を読みたくない人が大多数だと思いますので、生暖かくスルーして頂けると助かります、あくまで備忘録としての記録です。
ネタバレありだと、まず、執着を扱ってるのに、その執着が生まれた原因を、何故映画内に見せておかないのか?が意味不明でした。出だしの不穏感がどうしても欲しいのであれば、何故工夫してないんでしょうか?執着を起こした原因が不明だと、このエンジンは燃料が無いのと同じだと思います、全く機能していない。最大の欠点はココだと思います。
しかも、美醜の話しは個人差があるとはいえ、大変申し訳ないけれどエリザベス・モスさんには私は40代の普通の人、くらいの美意識しか持ちえないし、あまりに軽んじられていると思うのです。これではキャスティングの人は謗られても仕方がないと思う。もし、誰しもが認める美貌なり、特徴なり、人とは違う何か(特技でも、何でもいい、それこそ知り合った偶然でも構わないのに!)が見いだせたら、まだ感想は違ったものになっていたと思うのです。これは美醜だけの問題ではないのですが、余りに説明が無いので、美醜の事を持ち出さざるを得ない。
この執着という物語のエンジンに原因という燃料が全くないので、そもそも、あ、そうですか、という感想しか出てこないようになりました・・・なんでこの男はここまでこの女にこだわってるか?全然どうでもいい話しとして語られる感じになります。
その上、動機として女を自らの思うがままにしたいのだとして、弟も組んでるとして(主犯はどちらでもどうでもいい結果は同じ)、途中までは明らかに面白がってるだけだし、驚かせる為だけなのに、精神病院という施設に入ってからは、明らかに度が過ぎて、他者に対しても犯罪行為を働いているし痕跡を残し過ぎています・・・これでは警察なり公権力の基にさらけ出されても構わない、と言う風にしか見えないので、何でこの手法?今までのいたずらは何のための布石なの?執着のゴールは何処に設定してるの?辺りが非常にいい加減に扱われていて、凄く不快な気持ちになりました。
それと、光学迷彩なら、重み、そして影は絶対に生じると思いますよ。
あと、生理現象はどうしてるでしょう・・・食事とか排泄とか・・・しかも精神病院って結構厳重に立ち入りに際してチェックがあるんだけれど、それはどうやって突破したのか? 細かいとこだけど、あの光学迷彩スーツを着ると、拳銃のトリガーに入れる指が入らなくなるくらいだと思うんです・・・
まぁこういう話しがあっても良いけれど、最後は普通に同じ手口で殺すのが、また引っかかります・・・しかもそれを録画や音声で聞いてる警察がいるのにやるのが、どうにも腑に落ちないです。だって警察は当然あの屋敷を家宅捜査しているし、あの男からある程度の説明を受けた、しかも弟は光学迷彩スーツを着た状態で射殺されているのですよ?どう考えても主人公の女が持ってる、使える、しかも動画に映ってないから容疑はかからない、なんて馬鹿な事を警察が許すものでしょうか?と言う感じで感情的な、共感ベースの人にはある程度響く作品かも知れませんが、なんかコレジャナイ感しか残りました。
ですので、「ミッドサマー」のラストで主人公の女がこれからはこのコミューンで楽しく生きていける、等ポジティブな感覚を持った、そういう笑みだ、と解釈された、という人はこの映画を楽しめると思います。私は全然違ったな・・・
そもそも、巨額のお金に手を出すのが、もうダメだと思いますし、友人宅は早めに引き払わないといけないとも思いました・・・

あけましておめでとうございます。

2021年1月12日 (火) 09:03

あけましておめでとうございます。

1月4日から診療は始まっていましたが、ちょっとこちらは遅くなってしました。

昨年最後に観た映画は、漫画家諸星大二郎原作「生命の木」を映画化した「奇談」でした。

諸星大二郎先生の作品は、常に最先端でオリジナリティ溢れていますけれど、週刊少年ジャンプ掲載作品である「生命の木」も非常に独特な世界です。1度観たら忘れられない漫画世界です。

映画化にあたっていろいろ改変されていますけれど、それでも崩れないオリジナリティがあるのが流石諸星大二郎先生です。

何故かYouTubeで全部見られます。

オリジナリティある原作が好きな方にオススメ致します。個人的にはやはり原作が大好きです、映画も悪くないですし、阿部寛さんのまばたきの無い演技がいいです。

2020年の私的映画ベスト10

2020年12月29日 (火) 09:24

今年もこんな季節になりました。2020年はコロナ禍の中で、一時は映画館も開けない状況になりましたが、それでも世界よりはずっと日本は平和だと思います。

ふと気が付くと、このブログをもう10年もやってる事に気が付きました・・・自分でもびっくり。

今年は映画館にはあまり行けませんでしたが、驚く事に人生の1年間で1番映画を観た年になりました、これはひとえにNetflixのおかげですね。今年公開作品は全部で38本うち劇場で観れたのは20本でした。今回ベストを決めるのに2本だけもう1度観てみました。で、やはり素晴らしい作品は何度見返してもいいな、と思いました。何度もの鑑賞に堪えられる作品はそう多くはありません。

過去作はなんと78本!ついに初めてだと思いますが、1年間に100本以上映画を観た事になります。まぁもっと見ている人も多いとは思いますけれど。

それと今年は50歳になったり、歯科医師会でも役職についたり、さらに院長にもなったり、忙しい中でこれだけ観れたのは本当に自分でもびっくりですが、それもNetflixのようなサービスのおかげです。

では、今年も勝手な私の好みの、勝手な順位です。順位をつける事に意味は無いんですけれど。でも、人の映画の順位を聞くと、自分でもやって見たくなりますからね。

第10位   『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(の詳しい感想は こちら )です。

私はウディ・アレン監督作品とは相性が悪いです。今まで見てきた映画では、特に監督が主演をする、という行為が嫌いなんだと思います。ただ、この作品はかなり上手い、と思いました。まさに長年映画監督作品を撮り続けた人が到達できる高みにある技術の結晶のように感じました。そして、主演の2人の、まさに今しかない旬であり、美しさがあると思います。素晴らしかった。しかし、よく考えると、凄くギャツビーにとってご都合主義な脚本です、諦観を通した自己憐憫、だけで出来上がっている脚本が、凄くウディ・アレンっぽくて、私はココははっきり嫌いです、でも映画として上手い。

第9位   『ザ・ファイブ・ブラッズ』(の詳しい感想は こちら )です。

スパイク・リー監督の今の所の最新作ですけれど、最新作が常に最高傑作、という方だと思います。もちろんある種のマンネリズムもあったとは思いますけれど、常に怒りを感じていて、常に冷静で、そして観客に『お前は何を選択しているのだ?』と問いかけられる監督。この映画はNetflixでかかりましたけれど、映画館で観たかった作品です。

第8位   『ミッドサマー』(の詳しい感想は こちら )です。

果たしてこの映画はホラー作品なのだろうか?と考えてしまいます。私はどちらかと言えばそんなにホラー映画は好きじゃないんですけれど、この映画の志はめちゃくちゃ高いと感じました。でも、ちょっと、主人公の恋人であるクリスチャンが可哀想で・・・あまりに、あまりな展開だと思います・・・ラストも悲惨ですし・・・このラストの解釈で、良かったね、と言ってる人もいて、人って本当にいろいろな人がいるし、同じ作品を観ても全然違う事を考えたり感じたりするんだな、と改めて感じたのを覚えています。

第7位   『ジョジョラビット』(の詳しい感想は こちら )です。

確かに、ドイツ国内の話しなのに英語で喋ってたり、といろいろ批判があるのも分かりますけれど、でも、ジョジョくんの妄想内世界だから言語はなんでも良くない?とか、この世界観が好きになってしまうと、逆に細かい事は気にならなくなる凄くいい加減な人間である私なので、このランキングが凄くどうでもよくみえますけれど、私はとても好きな映画です。

第6位   『ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれからだ』(の詳しい感想は こちら )です。

これも女性監督、というか、監督の性別なんて映画の価値に全然関係ないですよね!しかし、非常に変わった映画でしたけれど、まさに2020年の映画!と言う感じです、私にとって。だってどこにも行かないし何にもなれないんです、主要登場人物たちが。そして、今も昔も、映画の中でしかどうにもならない事も多いし、現実は大変厳しいと思います。生きているだけで丸儲け、という趣旨の発言をなさる方もいらっしゃいますが、私は生きているのはとても辛くて大変な事だと思っています。だから少しでも現実を忘れられる世界が好きなのかも知れません。

第5位   『屋根裏の殺人鬼 ホンカ』(の詳しい感想は こちら )です。

私はこの映画をホラーだとは考えられません。これは等しく男性が感じる事が出来る悲哀を描いた傑作だと思います。『男は何歳でも子供を産ませる事が出来る、しかし女には期限があるのだ』と言う言葉に私は欺瞞を感じています。確かにそうかもしれませんけれど、一生相手にもされない男だっていますし、女だっています。世の中は不条理に溢れていると思いますね。哀しい男、ホンカ。それを本気でそのまま再現したこの監督の、簡単に同情的でない、共感させない演出は、称賛に価すると思っています。

第4位   『燃ゆる女の肖像』(の詳しい感想は こちら )です。

この映画は本当に素晴らしい映画で、多分ずっと残る作品だと思います。映像的にも音楽的にも印象的で、完成度の高さが凄いです。なんか凄いと素晴らしいしか言ってない気がしてきました・・・しかし、本当に素晴らしい作品。年に1回か2回くらいしかない完成度の高さの作品。なんですけれど、4位になってしまいました。これは、私の好みの問題です。完成度の高い素晴らしい作品であっても数年に1本の映画もあれば、誰からも評価されなくとも好きな作品と言うモノもありますし。

第3位   『はちどり』(の詳しい感想は こちら )です。

これが長編デビュー作だなんて信じられません・・・驚愕の出来事だと思います。演じた役者も素晴らしかった。早く見なおしたい作品。そして何度見直しても、恐らく何度も新たな発見がある作品です。

第2位   『パラサイト 半地下の家族』(の詳しい感想は こちら )です。

これも何度見見たくなる映画です。つい最近も観なおしました。この映画の主役は、私にはあのお姉ちゃんなんですけれど、本当に面白くて素晴らしい作品。それと、アカデミー賞に興味なかったんですけれど、この作品がアカデミー賞作品賞を取る、という事はかなりアカデミー賞選考が変わったんだと思います。良い方向に変わったと思いますが、アカデミー賞云々じゃなく、この映画が素晴らしいのです。注目しているのはこの映画の女性陣です、次作が楽しみ。

第1位   『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(の詳しい感想は こちら )です。

私にとっての2020年のベスト映画です。本当に楽しかったし、笑いましたし、ああ、テリー・ギリアムの映画を観てるんだなぁ、と映画館で思う事が出来ました。凄く幸せな瞬間でした。アダム・ドライバーも最高ですし、やたらと美男美女、それもテリー・ギリアムの好きそうな人がたくさん出てきて、ハチャメチャで、テリー・ギリアムの好きなモノが全部入ってる、という感じで最高でした。多分世間の評価とは全然違うと思いますが、私にはこれが1位で迷いはありませんでした。

2021年はどんな映画が観られるのか?今から楽しみです。

今年の診療は今日までになります、来年は1月4日から診療致します。

「ミッドナイト・スカイ」を観ました

2020年12月28日 (月) 09:28

ジョージ・クルーニー監督       Netflix

ジョージ・クルーニーはかなり好きな俳優さんだしWikipedia情報ですが、ミドルネームがティモシーなんて知らなかったし、なんかSF作品みたいだし期待してしまった。

決して悪くはない。悪くはないが、良くもないと感じてしまいました。ネタバレ無しの感想です。

2049年2月、北極圏バーボー天文台。1人の男(ジョージ・クルーニー)が研究室の中でゴハンを食べています。施設内に他の人間はいない状態で・・・というのが冒頭です。

今年は良質な映画、『燃ゆる女の肖像』とか『はちどり』とか『パラサイト』を見てしまうと、BGMはあった方が良いのか、無い方が良いのか良く分からなくなってしまいます。が、今作は明らかにやり過ぎだし、とってつけた感が強すぎると感じました。

もちろん、斬新でフレッシュな場面もあったけど、世界の説明はもう少しあった方が良かったし、あの2人の顛末も入れて欲しかったです。

音楽や音響って大切だな、と思います、改めて。

また、過去の場面の挿入もあまり上手いと感じませんでした、もう少し似ている人とかある種の説明が無いと難しいと感じましたし。ここが丁寧じゃないと、最後のクライマックスのカタルシスが薄れてしまうと思うんですけれど。まぁ、そのクライマックスも、ジョージ・クルーニーに感情移入していれば、の話しな気がします。

ただ、宇宙空間の描写は結構新しい絵がありました、とは言え2049年あと20年でここまで技術が進むのか?凄く疑問ですし、ちょっと科学的考証が杜撰な気がします。あくまで個人的見解ですけれど。

SF作品や近未来モノが好きな方に、ややオススメ致します。

アテンション・プリーズ!

ネタバレありの感想です、結構好きな場面もありますが、気になる部分への言及が多いので、本作が好きな人は読まなくてもいい文章だと思います。

何故こんなに早く環境汚染が進んだのか?マスクをしたりしなかったりの感覚が分からないのがどうしても気になってしまいます。割合最初の場面で『輸血をしなければ7日も持たない』とされているのに、子供はノー輸血なんですよね。

もっと細かく設定や作り込みが出来たと思うんだけれど、練れてない感じがするんです。

ただ、宇宙空間、無重力下の出血シーンは観た事が無いので良かったですし、ちゃんと『ゼロ・グラビティ』(の感想は こちら )とも引けを取らない感じになっていたと思います。

女の子ももう少し絡みが欲しいし、その先も何か用事がないと厳しいと思います。何しろ地球上にはジョージ・クルーニーと女の子しか居ないわけですし。

また、地球に降りる選択をする2人のその後もちょっとは描いて欲しいです。

結局木星の衛星に帰る2人も子供生まれてもその後が無いから絶滅だと思うから、もっとショッキングな展開にしても良かったと思う。 1番気に触るのが、木星の衛星があんな環境良くない、と言う事です。宇宙服を脱いで呼吸してましたよ、この人たち・・・いくら何でもな世界観。多分行き帰りの時間を考えて木星にしたんだと思うんですけれど、ちょっと杜撰。

もっと上手く出来たんじゃないか?と思う残念な感じしになりました。

ブログカレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ