井の頭歯科

「人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版」を観ました

2024年7月19日 (金) 09:11

 

武石浩明監督    TBSドキュメンタリー     Amazonprime
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は18/68
またまた山映画好きの友人からオススメいただいたので、すぐに観ました。彼は全然山登りをする人間じゃないのですが、彼も私も、恐らく、登山に興味があるわけではなく、人間の狂気に、興味があるのだと思います。今回も、恐ろしいほどの狂気が画面に映し出されていました・・・
スリルジャンキーの映画と言えば、私にはどうしても、ハート・ブルーとハートロッカーの2本を監督したキャサリン・ビグローの事を、そしてその中でも特にハート・ブルーのボーディ役、パトリック・スウェイジを思い出してしまいます。私が観た事がある映画や小説の世界で最も、スリル・ジャンキーとしての姿形がかっこよく、悪なのに惹きつける魅力があるという典型例として認識しています。
そして今まで観てきた山岳映画の中には、この手の人たちが数多く出演しています。特に中でも忘れがたいのが同じ友人が見せてくれた「メル―」の3名登山家です。彼らは常軌を逸していますし、その常軌の逸仕方に、狂気の上の狂気を感じますし、その狂気に魅せられる人が存在する事にも、理解出来るようになりました。
そしてこの映画は山野井さんという登山家が、何をしてきたのか?を追いつつ、1人で登る、というフリーソロという事にこだわり続けている様を描いています。
フリーソロ、誰も助けてくれない状態で、命綱無しでのクライミングの事のようですけれど、劇中のクライマーの言葉を引用すると「遊びとか行為でここまで人命がかかり、亡くなられている競技は他にない」とも言っていますけれど、まさに狂気です。
ホモサピエンスは進化の過程で、恐怖を覚えています。学んでいると言ってもイイです。それは当然、死を忌避する行為です。しかし、同時に好奇心というホモサピエンスくらいしか獲得できなかったモノもあると思います。これに信念とかが加わってくると、尊い事や宗教的奇跡などが現出するんでしょうけれど、確かにクライミングでも起こるとは思いますが、その代償はあまりに大きいと思います。
この代償が、どのようにして支払われ、生活に影響を与えるのか?を、ドキュメンタリーですから、画面に映し出されるのですが、私個人としては、非常に恐ろしいです。凍傷も恐ろしいですけれど、そもそも命の危険があるけれど、それでも登山に出掛けてしまう人の狂気、代償を支払う事を理解してもやめられない狂気、大変に恐ろしいです。
そして、相手は自然なので、当然のごとく、その摂理のみで営まれている世界に、人間が入っていくのに、自分だけが出来る、と思い込めるのも根拠の無い自信を垣間見てしまいます。もちろん非常にその世界での高いレベルを自覚しているからこそ、なんでしょうけれど、それでも、そもそも全くの自然の中で人間の1人のチカラなんて無いにも等しいという事は十二分に理解している人が、発している言葉として、恐ろしいのです。
そこに、初登頂とか、初踏破、とか、いわゆる名前を残す、という現象に対する強い希求もある気がしました・・・
山野井さんの人柄、その上での狂気。
ホモサピエンスの狂気に、あるいは登山に興味のある方に、オススメ致します。

「マッドマックス:フュリオサ」を観ました

2024年7月16日 (火) 09:24

ジョージ・ミラー監督     ワーナーブラザーズ     TOHOシネマ新宿
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は18/67
あのMAD MAX Fury Roadのフュリオサ大隊長の前日譚、原題はFuriosa:A Mad Max Sagaです。結構期待して行きました。何と言ってもあの傑作MAD MAX Fury Roadの前日譚ですし、アニャ・テイラー・ジョイが、若いフュリオサを演じるのもアガりそうです。
第3次世界大戦を思わせる大きな戦争と、原子力爆弾を思わせる強い爆発、そして放射能汚染で人類の寿命は半分くらいになっていると言われている汚染されたオーストラリア。幼いフュリオサ(アリーラ・ブラウン)は緑の残る大地に暮らして果実を取っていると・・・というのが冒頭です。
これは、フュリオサが、フュリオサ大隊長になる話しでもあり、復讐譚でもありました。そしてかなり難しい話しだと思います。で、多分この作品が好きになれない人も結構いらっしゃるようで、その気持ちも分からないでもない。1番大きな原因は、多分キャスティングなんでしょうね・・・そして思った以上に、ディメンタス(クリス・ヘムズワース)の映画。でもよく見るとやはり復讐譚としての話しですね。だから、Mad Max:Fury Roadの直前まで繋がります。
復讐譚として、新しい部分も出していますし、描写も、Fury Roadほどではないけれど、かなり凄い事もやってます。だから個人的には大満足です。
ただ、気になる部分もあって、この荒廃した世界で生きていくのには、かなりの覚悟が必要ですし、私は多分3秒くらいしか生きられない世界です・・・だからこそ、な描写は結構気になりました。
それは、髪の毛の描写なんですね・・・
ここがかなりの違和感なんですよ。
それと、ディメンタスが好きか?嫌いか?でも評価が分かれてしまいそうです。私は結構好きなキャラクターでした。何と言っても、愛嬌がある。この荒廃した世界で愛嬌があって、それなりのリーダーシップを発揮して、勢力を伸ばすのは稀有な事だと思いますし。
車の描写に目新しさが無かったのも気に居られなかった原因なのかな?でも私にはMad Maxな世界を楽しみました。でも、かなり工夫されていて、新しい描写、結構あったと思うんですけれど。車じゃないからなのかな?それに、ディメンタスの車は最高じゃないかな?馬鹿の発想だけれど、笑ってしまいました。
Mad Maxな世界が好きな方にオススメ致します。
アテンション・プリーズ
ここからはネタバレありの感想なので、未見の方はご遠慮くださいませ。
で、ネタバレあり、だと、描きたかったのは、結局復讐、なんですよね。ここがジョージ・ミラー作品であるMad Maxの1作目でも描かれている話しですし、納得なんですけれど、アップデートするのが、非常に難しい話し。あのジョージ・ルーカスでさえ、復讐を帰還に変えているわけで、復讐には強い否定感がありますし、不正義感もある。それをどうするのか?が本作の肝だったと思います。
なので、ラストは、どちらかと言えば急にファンタジックになってしまったとも言えますし、ちょっと時間軸として、難しい感じもしました。でも、撃つわけには行かなかったと思いますし、ちょっとこれ以上どうやっても復讐を肯定的に描けないと思います。ある意味、それが復讐なのですし。
ディメンタスというキャラクターは、凄く愛嬌があって良かったですし、それは演じているクリス・ヘムズワースの個人的な人柄な気もします。闇落ちディメンタスとか厨二病かよ、というのも愛嬌あってこそ。こういう部分を笑いに帰るチカラを愛嬌は持っていると感じます。
イモータン・ジョーがこんなに出てくるのもびっくりしましたし、嬉しかった。ウォー・ボーイズも活躍していますし、これも良かった。
で、警備隊長ジャックは、個人的にマックスにしか見えなかったですし、そういう人物が居ても良いけれど、稀有な存在でしょうし、その稀有な存在がご都合主義的に味方になるのは少し違和感あります。退場のしかたにも、もう少し配慮して欲しかった。
で、時系列で考えると、さらに気になる部分もあって・・・
いろいろあって、イモータンの砦で匿われる。髪の毛を自ら切って囮に使って脱出。までは分かる。ここで潜伏するのが、やはり復讐の為であるなら、それも理解出来ます。
でも、なら、ジャックと2人で逃げようとしているのはなんで?という風に感じてしまうのです。ジャックが良い人間で、彼であれば、緑の地を一緒に守れる、と思ったのかも知れません。
さらにそのジャックが亡くなってしまって、母の仇だけでなく、ジャックの仇でもあるから、ディメンタスにこだわったのかも知れません。
でも急な復讐に燃える話しになった気がするんですね・・・
ま、でも細かい事だとも思います。
私にとって1番違和感が大きかったのは、結局、アニャの目力が強すぎて、女性っぽさが強すぎて、シャーリーズ・セロンの演じるフュリオサ大隊長には見えない、という事に尽きると思います。
じゃ、誰だったらよかったのか?は不明ですけれど、これは誰が演じてもダメで、シャーリーズ・セロンが演じていれば!としか思えないのです。
だって、アニャ・テイラー・ジョイも頑張ってるんだけど、目の大きさが違い過ぎるんですよ・・・それに、髪の毛を切って囮にして、逃げ出しているのに、なんでまた伸ばしてるの?この世界で男に見られる方が得が多いのに、そもそも女性的過ぎる体つきなんですよ・・・ココが1番難アリだと思います。
やはり、フュリオサ大隊長はシャーリーズ・セロンあって成り立つ話しだったんだな、と強く感じましたが、ジョージ・ミラー監督が作ってくれたことは感謝です。
それにディメンタス結構好きになってしまった、あの人形の名前が知りたい!!

「ジャンヌ・ダルク」を観ました

2024年7月12日 (金) 08:13

 

リュック・ベッソン監督     コロンビア     U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は17/66
コテンラジオでジャンヌ・ダルクが取り上げられ、視聴し終わったので観ました。
まず、普通に伝記映画なんですけれど、英仏100年戦争をイギリス対フランスで語られていますけれど、ここが結構違うんですね。でも、普通に映画では英語で喋られていますし、ちょっと複雑気持ちになりましたが、おおむね楽しめました。
1420年トロワ条約によりフランス王の死去の後、フランスは英国領となった・・・
というすっごくコタンラジオのジャンヌ・ダルク編を聞いた後だと違和感ありまくりの説明があるのが冒頭です。
説明はかなり違和感ありますし、全然納得出来ないのですが、まぁ映画ですし、それもリュック・ベッソンの映画なので、そういう事です。
で、かなり端折りもあるんですけれど、ジャンヌの生涯を追っている確かに伝記映画ですけれど、結構な改変もあると思います。
あと、みんななんか若くないか?と思ったら、製作が1999年!マジか、今から25年くらい前の作品か!そりゃ若いですね。特に、ジョン・マルコヴィッチが若い!!
概要的にはコテンラジオのジャンヌ編を聞いていれば、かなり分かりやすくて、大変良かったです。
不思議な話しですけれど、信仰の良い部分も、恐ろしさも、そしてそれが権力と繋がっているという事は、どういう事か?というのを考えさせられます。
本当にいつも考えてしまうし恐ろしいのですが、自分に絶対の正義が存在している、という時にホモサピエンスは最も残虐になれる、という教訓は、こういう映画を観ると感じますね・・・
そして、神という概念を作り出したのはホモサピエンス、神の存在の証明が出来ていないのもホモサピエンス、存在を証明出来ないだけでいないと断定できないというロジックを使うのもホモサピエンス、神の使い等を語るホモサピエンスに対して最も残虐になれるのもホモサピエンス。
神という概念を使わないで科学を信仰しているとも言えるけれど、その科学だって完全な真理と言えるかワカラナイが、検証出来るだけまだ宗教や信仰よりも普遍的。
神を信じるホモサピエンスしかいない世界の話しは恐ろしく感じます。
信仰や宗教があってもイイけれど、それは個人の心の中でやって欲しいし、布教は極力避けて欲しい。布教よりも、その門をたたく者にだけ、自発的に信仰を求める人にだけ、布教して欲しい。
コテンラジオのジャンヌ編を聞いた人に、オススメします。

「アポカリプト」を観ました

2024年7月9日 (火) 12:54
https://www.youtube.com/watch?v=jymmm_8wkVY
メル・ギブソン監督   イコン・プロダクション   U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は17/65
友人に強く勧められたので観ました。
メル・ギブソン監督作品という事は知っていましたが、それ以上は知らないで観ました。
森の中で狩をするモンゴロイドの男たち。彼らはバクを捕まえて・・・というのが冒頭です。
ちょっと好みの映画ではありませんが、かなり凄い撮影をしています・・・ジャングルでどうやって撮影したのか?と考えると恐ろしいです。何人か負傷していてもおかしくないです。
まず、かなりの速力で、ジャングルを走っていて、それを、前から、横から、時には並走して撮影しています・・・これ凄い手間がかかるのでは??しかもカメラを並走させるにはレールが必要だったり・・・それれをジャングルで??となりました。
ネタバレはなしですが、これはなかなか意気込みのある力作!ですけれど、個人的な好みとは離れた作品。でも役者や製作はかなりの意気込みがあったのでは。何しろモンゴロイドが主役ですし、なんでアポカリプトなのかも、その後に理解はできるけれど、それよりも撮影!と思ってしまいました。
役者さんも凄くて、主演のルディ・ヤングブラッドさんの顔つきはまさに主役顔。非常に美しいとさえ言えます。さらに、相手になる悪役の俳優さんも凄い。
で、果たして、あの姿は、当時のあの文明の、どこまで実例にかなっているのでしょうか?凄く疑問。そういう文化なんだとしても、動きにくかったり、視界にはいるの嫌じゃないのかな・・・
メル・ギブソン監督作品が好きな方にオススメします。
アテンション・プリーズ!
ここからはネタバレありの感想です、未見の方はご遠慮くださいませ。
メル・ギブソン監督って、とにかくショッキングな絵が好きなんですねぇ・・・
でもまさかのモンゴロイド、というかマヤ文明の近くに主役を持ってくるなんて、なかなか凄いですね。
顔や姿の装飾がどの程度、実際の装飾に近いのか?は凄く気になりました。そういう文化なんだとしても、ちょっと盛り過ぎな感じがするので。
私は虫があまり好みではなく、特に蜘蛛と蜂が嫌いです。だからあのシーンはきつかったし、どうやって撮っているのでしょうね・・・
それとマヤのピラミッドは勾配が急すぎるのと、縮尺がなんか変な感じもしましたが、頑張ってますね。私の知らないマヤのピラミッドがモデルの可能性もあるけれど、チチェン・イツッアだとすると、何か変な感覚がある。行った事も実際に観た事も無いのですが。
皆既日食もなかなかの見せ場でしたし、悪くないけど、時間が短すぎる気にもなった。
んで、ラストがスペイン人はビックリ。確かにアポカリプトな感じですね。
凄い映画体験でした。

「THX-1138ディレクターズカット」を観ました

2024年7月5日 (金) 08:49

 

ジョージ・ルーカス監督     ワーナーブラザーズ     U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は17/64
本当はBLACKHOLEの特集に合わせてコッポラ監督を追いかけたかったのですが、そう言えばジョージ・ルーカスのデビュー作「THX-1138」観てなかったけど、U-NEXTさんならあるかも、と思ったらありました。流石!
モノクロ映像でバック・ロジャースなるタイムトラベルが出来る未来の人だが普通の人間の活躍を描く映画の紹介が始まるのですが・・・というのが冒頭です。
この冒頭シーンは謎。
恐らく近未来の、非常に「1984」を思わせる管理社会で生きるTHX-1138(ロバート・デュバル)が精神的不安を感じているのですが、思いっきりテレスクリーンっぽい洗面所の鏡の中の棚を覗くたびに作動する仕掛けがあります。
今まで観てきた近未来モノの中でも好きな要素が詰まってて、なるほど、と感心です。衣装とか音楽とかも凝っていますし、低予算ながら近未来に見えます。
エトラセンだのソモス3だとか、言葉のチョイスにもセンスを感じます、なにしろ1971年の映画ですし。
基本的に暗い映画が好みで、しかもディストピアの世界。いや現実が十分にディストピアなんだとも感じているんですけれど、それだけではなく、現実の批判としても受け取れる部分が好ましいと感じます。
ラストもイイ。
LUH-3417も良かったし、SEN-5241も素晴らしかった。SEN-5241 はマトリックスのサイファーの原型とも言えますし。
ロバート・デュバルはイイ映画に出てますねぇ。
近未来映画が好きな人にオススメします。
ブログカレンダー
2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ