井の頭歯科

「吉里吉里人」を読みました

2015年7月31日 (金) 09:46

井上 ひさし著     新潮社文庫

井上ひさし、初めて読むと思います。こんなに凄い小説とは思いもよらなかったです。

東北の村である吉里吉里村が突如日本国に対して独立を宣言する騒動の僅か2日間を描いた作品。

といえば聞こえは良いですが文庫で3冊分、1冊500ページくらいあります。読み終わるのにかなりの時間を要しました、もっと時間があればもう1度読み返したくなるくらいの充実した内容です。

ネタバレなしの感想としては、とにかく面白い思考実験みたいな小説ですが、その細やかな資料集めと知識の膨大さを考えると相当な下準備をされたのではないか?と思います。ここで終わって良かったのか?まだ続ける事も出来たのではないか?とも思います。

何と言いますか、総合小説というジャンルを作りたくなります(そういえば、村上春樹さんがティム・オブライエン著の「ニュークリア・エイジ」を評して総合小説っていう言葉を使ってましたね・・・)。SFであり、コメディであり、国家論であり、医学哲学人間論でもある小説、ちょっと類似した小説を読んだことが無いと思います。

井上ひさしを読んだことが無い方、ビクトル・ユゴーの小説が好きな方(一見軽めに見えて重い要素を含んでます)にオススメ致します。

アテンション・プリーズ!

ここからネタバレありの感想になります。未読の方はご遠慮くださいませ。読書会に参加される方、された方に読んでいただけたら嬉しいです!

まず、構想として、分離独立運動を描く、というのは劇的なものだと思いますが、そこにエロも、SFも、ギャグも、国際法も、医療も、哲学も、入れてしまうのが独特で凄いですね。構図てして記録係なる「わたし」という人物と作家古橋健二という数奇な運命をたどる三流作家の立ち位置からして入れ子構造になっていて面白くも示唆に富んでいると思います。何故ならこの長い様々なものを扱った小説は二項対立を主軸とした小説だと感じたからです。日本国と吉里吉里、標準語と方言、憲法と国際法、農業と工業、健忘症と記憶増進症、古橋と佐藤、国籍の血統主義と出生地主義、免許医と無免許医、きりがないくらいこの二項対立を軸にして、その越境の部分で面白さを出していると思います。

少々古橋健二に捉われ過ぎてしまっている感はありますし、上巻では割合引っ張り過ぎな感じ(古橋の生い立ち)もしましたが、やがて吉里吉里国の大統領になるわけですし、人柄を描いておく事は重要だったのかも知れませんね。しかもこの人柄の部分がナンセンスギャグに起因にていますし、恐らく、井上ひさしさんの自虐的な分身として描かれているのでしょうから、余計に描くのが楽しかったのかも。

私は少し古橋に同情的でして、イサム安部にまでバカ扱いですし、やること全てが裏目に出てしまうのも同情を誘います。物語が転がっていくにはこういうおっちょこちょいなキャラクターが必要なのだとしても、ちょっと人間としての良い部分をもう少し出してくれないとツライなぁ、と感じました。これだけ資料を読み込まないと作り出せない作品を書いている井上ひさしの(私の勝手な想像ですが)分身なわけですから、小市民的で、遅筆であるのは仕方ないにしても、何か良い部分を出して欲しかったです。あ、文学賞の受賞の中の「わ、わたしは午後に死にたくない」は唯一良かった作品でした!

またこの古橋の付き人編集者佐藤の人物像がなかなか面白いです。編集者とは、こういう人なのかも、と思わせるに十分な説得力があります。ある意味実務に於いては権力にでも寄り添う変わり身の素早さもありますし、説得力も行動力もあります。もちろんだからこそ信用出来ない男でもあるんですが。古橋と佐藤の掛け合いは毎回重要な場面で起こりますし、なかなか見応えありました。

医学立国、タックス・ヘイブン、自給自足、国際卓球ワールドカップ、金本位制度、思いつくだけでも凄い事ですし、国際法の勉強までしないと言えない部分も多々ありますし、その辺が全てを検証出来る知識も無いんですが、自分の専門分野への発言もありまして、この部分は非常によく調べてあって素晴らしいと感じました。おそらく、国際法の部分もかなり正確に調べ尽くしたのではないか?と十分に想像出来ると思います。だからこそ、隣村である家とのやっかいな国籍問題も出したのだと思います。この部分のロミオとジュリエットのような部分の解決を見ても相当詳しく勉強されたんだろうと思います。本当に凄い。

医学関係も今では日本でも脳死判定からの臓器移植が可能になりましたが、当時はそういう知識を得ようとするのはなかなか大変だったと思います。それに実際の心停止と脳死関係も分かりやすく、しかもパワフルタローなる人物とゼンタザエモン沼袋の討論場面の説得力(医療は公的であるべきとか、ファミリードクター制度のような連携のなさとか、予防へのおろそかさとか)はとても強く同意せざる得ないです。ちょっと勉強した、という程度ではなく、ブレーンになった方がいるのだとしても、これほどまでに核心的な部分への言及は本当に凄いと思います。

医学面で唯一飲み込みにくかったのは、ゼンタザエモン沼袋氏の息子のくだりですね。自死権を認めるとしても、ちょっと動機としても飲み込みにくいですし、ここまでいろいろ調べて納得出来るレベルまで制度化している吉里吉里国でありながら、この部分だけはルールでさえ無かったのは当然としても、もう少し飲み込みやすい理屈があっても良かったと思います。

で、他にもいろいろ感想はありますし、あまりに広いトピックを扱っていますし、それは読書会みたいにみんなで話し合えば面白いだろうな~と思います。でちょっとあさはかではありますがまとめのような大きな話しになりますが、主題は「理想」と「現実」だったのではないか?と愚考しました。

輝かしい理想を掲げないといけない、が、苦い現実を知る事からしか始まらない。と言われているように読後は感じました。分離独立の、それも用意周到な計画性のある展開を描く事で、面白可笑しく現実を知る事が出来ます。農政の、医療制度の、経済政策の、それぞれの不備や志の低さなどを知る事で、現在置かれている見えにくい状況を知る事でもっと理想に近づける努力を、国という単位では難しいかも知れないけれど、もう少し努力しようよ、と言われているような。もちろん面白可笑しく読めて、それで良い部分もあるでしょう。でも、たとえば、本当に困った事が起こったときに、こういう道もあるんだよ、と冗談めいてはいるけれど、理想的な一面を見せる事が出来たら、それは力強く輝いて見えると思います。

東日本大震災という大きな出来事が起こった後だからこそこの本が読まれるんだと思います。私は今すぐ原発を止めろとは思いませんが、なくす方向を探るのがコストパフォーマンス的にも、どう考えても現状日本では無理なんだと思いますけれど、ここが日本的で動かしたモノを止める事が出来ない「空気」に支配されやすい国民性なんだと思います。感情的に吹き上がる事が合っても最後まで達成する事が出来ない事が多いと思うのです。なんだかんだ言っても政治的に、結果原発も動いてしまう気がします。

この本を読むと、吉里吉里人たちがいかに先を見越して、知識を得て、最終目的を達成する為の努力を惜しまなかったか?を学ぶ事が出来るんだと思うんです。だから今読まれる本ですし、読まれるべき本だと感じました。別に分離独立しなくとも、主権者である国民が国家をコントロールする努力を払え、という風にも読めますし。

私は吉里吉里人になりたいと思いますね、日本人よりも論理的で努力を払える、現状よりも理想を掲げる。でも現状を知って落胆しないで変えようとするチカラを継続する。なんだか変な話しですがユゴーの「レ・ミゼラブル」のアンジョーラ(もしくはアンジョルラスと表記される事も。革命を起こそうとする大学生グループabcの友のリーダー)を彷彿とさせる人物が多いのが、フランスにいて日本にはあまりいないタイプの人物だと思いますし、もう少しこういう人物がいたら良いのに、と思います。革命を起こすというと反権力的な人物に見えるかもしれませんが、結局アンジョーラの試みは失敗しますし、無惨な最後が待っているんですが、それも善し、この経験を、行動をする事が新たな同じような人物を生み出す事に繋がる、という信念を持っているのが潔いと思うのです。

「デモンズ95」を観ました

2015年7月24日 (金) 11:27

ミケーレ・ソアヴィ監督    コムストック
私はホラー映画弱者です。もちろん有名な作品で人から押されると見てしまうんですが、ホラー映画文脈が分からなかったりします。ゾンビとはこういうモノだ、とかこのシーン(構図、伏線、ガジェット・・・)は○○のオマージュだ、とかやたら3作目や5作目とかありますし。そうは言いながら、見ていないのに結末やストーリィは知ってたりするのでまたたちが悪いんですが。でもこの映画はなかなかに凄い作品でした・・・
フランチェスコ・デラモルテ(ルパート・エヴェレット)はいつの頃からか、埋葬したはずの人が7日後にリターナーとして蘇って人を襲うようになったイタリア(?音声の選択でもワカラナイ英語をしゃべっているようなんですが・・・)墓地の墓守を仕事にして暮らしています。相棒のナギ(フランソワ・ハジー・ラザロ)とリターナーの頭部を物理的に破壊して再埋葬しています。町に雇われているのですが、町の人間は誰も信用してくれませんし、唯一の外部の人間で話せるのは市役所に勤めるさえない男だけで、しかも電話もあまりしてこない。そんなデラモルテの墓地に埋葬される男とその未亡人が現れ・・・というのが冒頭です。
正直、ゾンビものをちゃんと見たことが無いホラー弱者の私でもこの映画の凄さを感じられました。もちろんホラー文脈でないと掬えない『何か』は私は理解出来ていないとは思いますが。とてもスタイルある監督が情熱を持って作り上げ、それに役者の演技が、カメラの映像が、音楽が、背景やライティングを含む関わったすべて熱量が正しい方向に向かった稀有な作品。ゾンビなんて現実に存在しないし、という野暮な現実に引き戻される感覚が生じさせる隙を与えない作品であり、技術の高さから生まれる完成度と未完成だからこそ生まれるチカラ強さの両方を併せ持つ稀有な作品だと感じました。また、いわゆる実在のゆらぎを扱っているのでとても哲学的。そういうところも好みの作品です。

スプラッター作品なのではなく、この世界観を受け手に自然に映画の中に埋没させられるのが本当に素晴らしい。残虐描写はもちろんありますし、かなりキツイ性的描写もあります。決して万人に向けられた作品ではないかも知れませんが『不条理さ』という誰しもが逃れられない現実の世界の、性的な側面を、残虐性という側面を持つ人間のメタファーを、といろいろ十分に感じさせる作品。

死という避けられない状況に慣れ親しむという事がどのような諦観を生むのか?という部分についても考えさせられます。

そして主役フランチェスコ・デラモルテを演じたルパート・エヴェレットのうつろな存在感がタマラナイです。映画そのものを、もし出来るだけ簡潔に形容するのであれば「耽美、倒錯そして実在の不安」と言ったところでしょうか。本当に響く作品でした。そして直にではなく薄い何か越しの、感覚に余計な耽美感があります。
様々な登場人物が様々な行動を起こすのですが、そのどれもが「やむにやまれず」といった自身のアイデンティティに根差した欲望やら承認やら衝動のための行動で、それが余計に悲しみを生んでいると思います。
デラモルテとナギのバディ感もたまりませんし、2つの世界の断絶(生と死、町と墓地、聖者と愚者、男と女、等々)を描いた傑作でもあると思います。

ホラー表現や性的な表現に耐えられる大人、もしくは大人になろうという人にオススメ致します。

う〜ん

2015年7月17日 (金) 09:21

安保法制の衆院可決。ちょっと悲しいですね。あくまで今日は個人的な感想です、専門家でもないし、政治家でもない、でも主権者の一人の戯言です。

私は改憲論派です、押し付けられた憲法とも思わないし、でも日本人が主体となって合意に参加した憲法でも無いと思ってます。もちろん戦後70年くらい機能してきた憲法でもありますよね。70年の実績はまあ重い物もありますし、ある種の文化です。それに9条関連が残っても良いし、削除してもいいけど、とにかくある程度の総意が反映された、という歴史的な事実のために改憲をすべきだと思います、そういう出来事、主体的に選びましたよ、これで行きます、という事実が合った方が良いと思うんです。でもその為には護憲派を含めた合意が必要なわけで、道のりは遠い気がします。護憲派の方々も何処を守るのか?を意思表示して欲しいですし、改憲派だけで決めた憲法も結局押し付けられた憲法だとも思います。だからきっと凄く合意形成に時間がかかるけど、そういう努力をしないで文句を言うのは何処か卑怯な気がします。

で、安保法制ってのは結局政府のフリーハンドを増やす役目を果たすわけで、もしかしたらアメリカさんの紛争に巻き込まれるかもしれないし、今まで国防にさく経費を経済に傾注してきたつけをもあるかも知れません、その時の決断は仕方なかったとも思いますけど。で、フリーハンドの増やし方として、憲法という主権者国民が政府のフリーハンドをココまで縛りますよ、というルールを解釈で変更したわけで、まぁ憲法というルールの価値や縛りという役目の実効性が緩くなると思います。それでリバイアサンを繋ぐ鎖がゆるくなったんだと思います。

本当は政治家なら国家を守るために、存立危機事態を想定して行動してもらいたいし、基本的には現行憲法順守するのが政治家だけど、現行憲法を超えて守らなければならない、という存立危機事態であれば、憲法を超えてしかるべき行動を起こすべきですよね。たしか緊急権という考え方。その上で憲法違反の罪を負うべきです。そんな覚悟もなく、罪を負う気概もないなら政治家になるべきじゃないんだけど、それも国民の代表なわけで、そういうレベルなんですよね。無論緊急権が発動した罪を負い、自覚しつつ、緊急権の終息の後に罪を認めて償うべきだと個人的には思うんですけど。

現行憲法の中で当選してきて生活しているわけで、だからこそ順守する意味があるのに、空文化させるのはちょっと違和感が多すぎる。

現政権は選挙で選ばれた民意の結果ですし、今頃デモかぁという気持ちにもなるし、その報道のされ方も気になります。そんなに政権を批判する人が多いなら選挙の投票率ももう少し上がっててもいいような気がします。では現政権の政策すべてを支持しているか?と言われると決して違います。しかしデモで批判している意思表示も必要だとは思いますけど、何かが変わった、という実感もないですしね。じゃロビー活動が出来るか?というとそんな事できないわけですし。現政権へのコントロールしよう、という意思表示の方法を知らないわけで考えてはみるけど頭悪いから分からないし、忙しいから出来ないんですよね。選挙で選ばれた政権だから白紙委任ではなく、それなりのコントロールがあっても良いと思いますし必要です。なにしろ経済政策はこの政党だけど、医療政策は違う政党だし、という状況なわけですから。

きっと参院も可決されますけど、なんでねじれ国会がダメなんですかね。ねじれがあった方が議論されると思うんですけど。しかも白紙委任でなくなる率も高まるし、いいことだらけのような気がします。時間はかかりますけどね。でも多分無理なんでしょうね、議論がねじれてる気がする。結局咬み合わない議論しかできないし、修正や妥協という議論が出来ない国民性なんですよね・・・玉虫色の決着、良いじゃないですかね、だって様々な意見を汲み取ったの結果なわけで、よりいろいろな人が合意しやすくなったはずなんですよね。絶対の正義とかがある訳じゃなく、いろいろな正義や立場を尊重しているわけで大人の判断ですよね。今回もどちらの立場の人も相手の言い分や意見を聞き取ろうともしない感じで非常に子供っぽいですし未熟な感じがします、相手の意見を聞き入れたら負け、という姿勢で悲しい。それが議論を生業とする政治家だと、報道するジャーナリストだと思うと悲しい。

自分の意見や考えなんてもちろん浅はかで、いろいろな事実や努力や立場を知れば意見は変わりますけど、そうじゃないのは悲しい。聞く耳持ってないわけですし、議論する相手を蔑んでるわけだし、感情でしか動かないんでしょうから、悲しい。相手の意見を取り入れたら負け、という判断基準やマッチョ体質が悲しい。結局『俺の話しを聞け』ということで悲しい。そういう人といると疲れるのをみんな経験してると思うんですけど。

「ジャズ大名」を見ました

2015年7月10日 (金) 09:02

「ジャズ大名」を見ました

岡本 喜八監督     松竹
岡本 喜八監督作品とタイトルで見たかったんですが、DVDレンタルが全然されていないので、最近知り合った友人に借りました、ありがとう!マニアックな人はいろいろ持ってますね。
1867年、アメリカでは南北戦争が終わって奴隷解放が行われたのですが、まだ差別があり、祖先の土地アフリカに帰ろうとする4人の黒人(という言葉は差別的に現在では感じられるでしょうけれどこの映画の中では差別的な意味では使われていないのでこの言葉を使います)が祖先の土地アフリカを目指すのですが、舟が遭難して日本にたどり着き・・・というのが冒頭です。
この冒頭のアメリカの場面を吹き替えで行っているんですが、これが凄い訛りで面白いです。つい英語の発音ですとですます調で聞いてしまいますが、英語の方言だっていろいろ凄いと思いますし、映画的な表現として上手いです。音楽も雅楽をBGMに使っていて、ものすごい異化効果を生んでいると思います。
原作が筒井康隆さんですから、当然ですが上手い作りになっていますし、映画にすることでさらにバカバカしく(←もちろん良い意味で!)面白く楽しめます。単純に笑える、という王道のエンターテイメントで。
まず殿様役を古屋一行さんが演じられているのですが、正直私はこの人は古い方の名探偵金田一としてしか認識してないです。なので、とてもさっぱりした殿様役が新鮮で良かったです。好奇心にあふれ、部下をある程度信用しつつ、基本ノンポリシー。楽しいかどうか?が基本的な考えるラインなので、その辺も笑えます。
次いで世話役を財津一郎が演じているんですが、どこかピントが外れてはいるけど真面目な性格の、本人はいたって真面目だけどそれを見ていると笑える、というズラす笑いで良かったです。その他本田博太郎のバカっぽい英語を話す演技も良かったですし、演者はその他かなり有名人がいろいろ出ていて面白いですね。
そして主役は何と言っても音楽のような気がします。曲名が調べても分からないのがもどかしいのですが耳に残る曲です。
音楽が好きな方に、オススメ致します。

「ばしゃ馬さんとビックマウス」を見ました

2015年7月3日 (金) 09:10

吉田 恵輔監督     東映

とある記事で「夢を諦めるのは非常に難しい、という事を描いた作品」と紹介されていたので興味を持ったので見ました。
吉田監督作品は「純喫茶磯部」、「さんかく」と見ていますがどの作品も小品ながら丁寧な作りで日常のちょっとした出来事を描いています。予算に限りのある日本映画が目指すべき方向性の作品だと思います。で、今作もなかなか面白かったです。
学生時代からシナリオライターになる事を夢見る馬淵(麻生久美子)は持てる時間のほぼすべてをシナリオつくりに費やしてはいるものの、34歳になりますが全く目の出ない状況です。が、生活の中心をシナリオにあて、忙しい毎日を過ごしています。失敗続きの中、コネも必要と、とあるシナリオスクールに通い始めたところで出会ったのが天童(安田章大)という非常に大きな事しか言わない28歳の男です。天童は自分は1枚のシナリオも書いたことが無いにもかかわらず、常に自信満々で他人の作品に辛辣な批評をするのですが・・・というのが冒頭です。
頑張る、という努力に惜しみない馬淵と、批評は正しくとも全く努力しない天童という2人の関係性の移ろいを描いた作品ですが、なかなか苦くとも爽やか結末を見せてくれます。
努力は必ず報いられるものでは無く、批評出来るからと言って作れるわけでもない、という割合シンプルで当たり前な事実の話しですが、その努力の量と時間や想いがあればこそ、簡単に諦める訳にはいきません。また、諦める、という事を認めるのも、非常に難しい話しです。
才能、という便利な単語だけでは済まされない部分への描写が特に良かったです。
が、難点もあって、ある意味軽い男である天童の、変化があまり腑に落ちませんでした。もっと重い展開でも良いのではないか?と思います、事実彼はそれだけの暴言を吐いてきたわけですし。全然、全く、1ミリも自分への批評性を持たなかった男が、周囲にまき散らす正しい批評に意味があるなら、その男の作品への批評ももう少し辛辣であって良い気がしました。この役者さんの演技が上手下手という話しではなく、存在感が軽い、というのはある意味凄いとも思いますけれど。
主人公である馬淵を演じる麻生さんの存在感はなかなかリアルで、こういう役が多いのも納得してしまいます。ネガティブな感情を内に溜め込むタイプとでも言いましょうか?なんとなく共感出来ますし、外に出さない分礼儀をわきまえていると思います。真剣なまなざしと、真剣過ぎて空回りしていく様に非常に臨場感がありました。真面目だから手を抜けないのではなく、このやり方しか知らないし出来ないという不器用さを感じさせるのです。
中でも秀逸なシーンだったのが馬淵とある男の部屋でのシーンです。非常に上手いと感じました。
また、途中に特別養護老人ホームのシーンがあるのですが、良いシーンが多かったと思います。決して片手間に出来る仕事ではないと、強く思いました。
諦める事を認めた事がある人に、オススメ致します。
ブログカレンダー
2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ