井の頭歯科

「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」を観てきました

2022年1月14日 (金) 09:39

印象派、凄く人気がありますよね。私は絵には全然(すみません、よく考えたら全ての事象について、ですね・・・)詳しくないのですが、最近見ているYoutubeのチャンネル「オトナの教養講座」で山田五郎さんが絵画について凄く俯瞰できる解説動画を行なっていて、絵画により興味が出てきましたので、足を運びました。

最近の美術館では写真を撮っても良い部分があるのが面白いです。後でも見ることができますし、写真を所有している、というワクワクも感じます。もちろん、写真に撮る前に(撮った後でも可)じっくり生で見れる事に時間をかけたいですけれど。

今回見た中では、初めてみるジャン=バティスト・カミーユ・コローの「魚を運ぶ釣り人」がとても良かったです。川面に木陰があり、遠くでは日没が始まっている感じで、その他もいくつか同じようなモチーフの絵がありましたけれど、この絵は別格に綺麗で鮮明に感じました。

そしてもちろん、俺たちのアニキであり、こういう人に私はすぐに降参してしまうギュスターヴ・クールべの海景色や林檎などの静物画もありました。クールべの出来れば人物画が見たかったですけれど、4点も見られたし、ありがたいと感じました。

セザンヌ作品もモネ作品もゴッホ作品もいろいろ来ていましたが、これは!という好みの作品には出会えなかったです、残念。

その代わり、凄くいい!と思ったのがポール・セリュジエの風景、という作品で、すっごく和田誠な感じなんです!この作品の写真を探しているんですけれど、全然見つかりません・・・色合いも素晴らしいですし、すっごく気に入りましたが、残念、ポストカードにもなっていなかったです・・・悔しい・・・

それと今回の主役はレッサー・ユリィだと思います。楽しみにしていた「夜のポツダム広場」は確かに良かったです。でもそれ以上に、「冬のベルリン」と1番良かったのは「赤い絨毯」です。今回の中で私の1番は間違いなく「赤い絨毯」でした。

多分、印象派展だからだと思いますが、俺たちのドガも1点だけ来てて、それも良かったです、もう少し良いのが来て欲しかったですけれど。

もっとゆっくり巨大都市東京を散策したかったのですが、午後から仕事だったので・・・

あと印象に残ったのは、すごく、ジャンヌ、な作品と、そして時々見かけるボーダーにボーダーを重ねる、とか水玉に、水玉を、重ねるという表現を思い起こさせる絵とか、です。

凄く目がチカチカしました。

本当に駆け足で観たのでもう少し時間があればなぁ、という感じです。

ゴッホ展 響き合う魂 ヘレーネとフィンセント に行きました

2021年10月26日 (火) 09:39

東京都美術館

今回は久しぶりに東京都美術館にゴッホを観に行きました。行く前からオトナの教養講座も見ていましたし、映画は1本だけですけれど見ましたし、また書籍で面白かったのは「ゴッホの地図帳 ヨーロッパをめぐる旅」ニーンケ・デーネカンプ、ルネ・ファンブルグ、タイオ・メーデンドルプ著、千足伸行監修、ファン・ゴッホ美術館編集という大判の書籍を読めた事です。
この本はゴッホの生まれてから亡くなるまでの軌跡を地図の上で明らかにして、その土地でどんな暮らしをしていたのか?その時の手紙のエピソードなど、かなり細かく描かれていて、凄く参考になりました。
ゴッホについて知っている事は凄く少なかったのですが、少し予習出来たので、楽しく見る事が出来たのと、同行して頂いた方に大変美術にも、アートにも、音楽にも造詣深く、ヨーロッパに住んだことがあり、各地の美術館を訪ね、なんならゴッホが書いた病院まで実際に行って、その土地や建物にまで足を運んだ方とご一緒出来た事です。こんな事って今まで51年生きてきて初めての事だったので、大変刺激的で面白く、且つ興味深いお話しがたくさん出来ました。
ゴッホの生きた37年の中で最後期に書かれた絵である「カラスのいる麦畑」を描けたのであればある種の本懐を遂げたと言えるのではないか?というお話しや、オランダ時代には非常に暗い色合いが多く、弟を頼ってパリに出て来てから僅かその後の4年間しか残りが無かった事になるのですが、そこで印象派展の8回目である最後の展覧会を観て、しかもその中でもジョルジュ・スーラの点画に影響を受け、日本の浮世絵に衝撃を受けて、そして自分の絵を描き出したのではないか?という話しにも、大変感銘を受けました。確かに様々な歴史的な邂逅があって、この時期にパリにゴッホがいたからこそ、なわけで、非常に偶然性について考えさせられます。
ゴッホの絵に変化が起きた絵はなんだったのか?とか、テオとの関係性についても、全然知らなかった話しがたくさん聞けて、本当に新鮮な驚きに満ちた鑑賞になりました。人間の縁というものは不思議ですね。
ゴッホ展の中では、割合最初の方にあったアンリ・ファンタン=ラトゥールの静物画『プリムローズ 洋梨 ザクロ』が凄く気に入りました。この方の絵は今後も観ていきたいのですが、どうやら日本にはあまりないみたいです。残念。
次に気になったのは、オトナの教養講座を見ていますし、実物と言う意味でもルドンのキュプロクスです。私はどうやら、印象派よりも写実派で、象徴主義的な傾向を好むみたいです。
ゴッホの中では、特に、やはり糸杉の「夜のプロヴァンスの田舎道」が凄かった。まるで本当に、動いて見えます。そして、何となく、ですが、ゴッホはスーラの絵をみて点画を学び、浮世絵を観て輪郭を描き、その上で、点ではなく動きの軌道を見せるうねりを線で描いたのではないか?と感じました。きっとみんなが想ってるとは思いますが(笑)私にはゴッホのうねる線がスーラの点なのではないか?と感じたのです。
ゴッホの画家としての評価は、恐らくこれからもずっと続くのではないか?と思いますし、実際の「夜のプロヴァンスの田舎道」を実際に観るのと、動画でもカタログでもを観るのは全く別物である、という事が肌感覚で理解出来ました。そして、ゴッホは生前には1枚しか絵が売れなかった、確かにそうだと思いますし、天才という人は同時代には評価されがたい存在であるとも思います。でも、それだけに、私は弟のテオの存在がとても切なく感じます。決して裕福ではなく、兄を尊敬もしているけれど、仲たがいする時期もあり、一緒に暮らしても辛さを味わい、そしてゴッホが亡くなってその責任を感じ、病気もあるのでしょうけれどゴッホの死後6ヵ月で息を引き取るテオ。テオが居なかったらゴッホだっていなかったと思います。それに、ゴッホはテオの手紙をすぐに燃やしてしまっていますし(テオはもちろんとっておいたからこそ書籍化されている)、テオの手紙を書籍化するのにはテオ奥さんが尽力されたからだという事も理解した上で、それでも、私はテオの存在に非常に心打たれます。
きっと画家でも作曲家でも映画監督でも作家でも、偉大な作品を生み出す人々の影には、パトロンと簡単には呼べない、たくさんの人々がいるのだと意識させられます。
美術館では誰とも喋れないですけれど、出来たら、その衝撃が残っている間に、誰かと話してみたい、と感じるようになりました。次は、あの修復されて新たな部分が露わになった、フェルメールに是非ご一緒させてください、というお約束まで出来たので、次も楽しみです。

「山田五郎さんの オトナの教養講座」を観ています!

2021年9月14日 (火) 09:15

山田五郎のオトナの教養講座 YouTubeの番組です、すごくゆるくてためになる、私のようなレベルの人にも楽しめる美術の番組です。

山田五郎さん、美術批評家としても、編集者としても有名ですけれど、このチャンネルの存在は最近知ったのですが、すっごく面白いです。

美術館には本当にたまにですが、行くことがあります。そして、どうせ行くなら楽しみたいので、少し調べて行ったりもします。ですが、美術について、全然詳しくないです、やはり単発で行くからだと思いますし、好きな作品はその時々でありますけれど、俯瞰してみる事が無かったからだと思います。

高校生の頃にダリが来ていたことがありまして、そこから時々観に行くようになりました。ダリは凄くヘンテコで最初に観に行って正解だったと思いますし、今でも好きなんですけれど、例えばなんでシュールレアリズムになったのか?後年宗教画を書くようになったのか?とかいろいろ不思議な事があるのですけれど、そういうのを調べていくえるのはインターネットが簡単に触れられるようになったからで、高校生の頃はまだそんな便利じゃなかったです。

その後に観て好きになったのは、パウル・クレーとか、セザンヌとかです。でも詳しくは無かった。

それがこのオトナの教養王座を観て、ああ、なるほど!と思えるようになりました。特にフランスのルネサンス以降の画家について詳しく、いろいろな方を紹介してくれています。

それも山田五郎さんの解説が、とても楽しく、知らない人でも楽しめるようになっています。

まさかアンリ・ルソーがそういう評価だったのか!というのもびっくりですし、この天然のアンリ・ルソーがいなかったらピカソもいなかったのか?と思うと衝撃的です。そこにセザンヌのこういう風にしか描けなかったことが、これって新しい!と思う人が出てくることや、そこに日本の版画、浮世絵の存在、それにもちろんゴッホについても影響が与えられ過ぎていてびっくりでしたり、絵だけでなく、そこに作者の物語を、それも点と点が繋がっていく面白さがあり、まるで美術版「風雲児たち」みたいです(私にとっては最大級の誉め言葉です)!

特に面白かったのは、すっごく変な人で盲目になっても形作り続けたエドガー・ドガ(しかし、そっち方面の人でしたか!バレエ関係の絵が多かったしパトロンの話しは知ってましたけど、衝撃!)、生首ドーン!の出現は知ってましたけれど今となってはサロメがファム・ファタルになってしまったのは単なるきっかけであまりの衝撃の結果なのだと知れるギュスターヴ・モロー、オランダの水木しげるって表現が素晴らしすぎるヒエロニムス・ボス、私はこういう破天荒な反逆児的なスタンスにはすぐにやられてしまう兄貴ギュスターヴ・クールベ、ちょっとパウル・クレーに近さを感じる点々の人ジョルジュ・スーラ、その他凄く面白い人物描写で物語で絵を、作者を紹介してくれています。

まさに教養、今多分1番私に足りないのは教養だと思いますし、早くまた美術館に行きたくなりました。企画展も良いけれど、常設展にももっと目を向けてみようと思いました。

しかし、アンリ・ルソー、そういう人だったのか、と思うと、今まであまり好きになれなかったのが納得出来ました・・・でも味があるってそういう事なんですねぇ~

ブログカレンダー
2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ