井の頭歯科

今年もお世話になりました。

2023年12月31日 (日) 11:56

今年もお世話になりました。

 

 

今年は大晦日に休日応急診療の当番になり、なかなか大変です、17時までは対応致します。

 

今年は帯状疱疹になり、体力の限界を感じています・・・前期高齢者として、自覚をもって生きて行こうと思います。

 

 

ついに晩年に入ったという自覚あります。

 

 

今年は映画館で29本、U-NEXTで36本、Netflixで26本、Amazonprimeで4本、DVDで8本、Youtubeで4本、合計だと107本、うち2023年日本公開映画が46本でした。46/107だったわけです。

 

 

毎年新作映画を月に3本くらいみたいな、出来れば年間に100本映画が観れたら幸せだな、と思っていますので、36/100が達成できてよかったです。

 

 

今年も個人的な年間のベスト10映画を書いておこうと思います。もちろん、今の気分なので、明日になれば変わります。

 

 

10位  イニシェリン島の精霊   マーティン・マクドナー監督

 

 

凄く変な映画だと思うんです、話の筋として。でも、壮大な自然の中、ある種の田舎というか完全な孤立した村での人間関係を描いた作品。ちょっとどうかと思う男性同士の関係性、狂気を感じますし、同時に憐みも感じます。こういう時のコリン・ファレルの顔、説得力が凄すぎる。

 

 

9位  ザ・キラー     デヴィッド・フィンチャー監督

 

 

 

スタイリッシュ!なんだけど、なんか変。プロフェッショナルって何?と考えさせられたのですが、これ振り返って今考えてみると、もしかして笑わせようとしていたのかも?とも考えてしまいます。だとしたら、スタイリッシュ過ぎてしまうと思うのですが。でも好きな映画です。

 

 

8位  TAR/ター   トッド・フィールド監督

 

 

 

観終わった時にはキャンセルカルチャーという概念までちゃんと理解してなかったのですが、その後確かにキャンセルカルチャーの映画とも言えなくもないとは思うのですが、私は権力者の、それも女性であっても、同じような欠落がある話しなのかな?とも思ってます。

 

 

7位  いつかの君にもわかること   ウンベルト・パゾリーニ監督

 

 

 

誰しも失われる事を理解した上での未来の話しで、とても小さな作品ですし、小さな話しなのですが、忘れがたい重みのある映画。

 

 

6位  鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎    古賀豪監督

 

 

 

 

アニメーション映画で出来る事をやりきる、脚本から手を抜かない、その上で積み上げられる事を全部やる、というまっとうな作品で、子供騙しにならない、大人が本気で子供の為を想って作られた傑作。

 

 

5位  アラビアンナイト三千年の願い   ジョージ・ミラー監督

 

 

 

あの、ジョージ・ミラー監督が、今年も映画を公開してくれた、というだけでも凄いのに。そして非常に丁寧で、お伽話にしない所が素晴らしい。だからこそ、大人に響くお話しなんだと思います。

 

 

2位   aftersun/アフターサン  シャーロット・ウェルズ監督

 

 

 

今年は同率2位が3作品あります。思い出す中で繋がる作品として、映画体験の体験として、間違いなく傑作で、2023年という年に最もふさわしい作品。しかもシャーロット監督はコレが長編デビュー作品・・・恐ろしすぎる・・・

 

 

2位  カード・カウンター   ポール・シュレイダー監督

 

 

 

私はこの作品が名作「タクシードライバー」と似ているとは思えないです。似ている、と思えば似ているかも知れませんけれど、よっぽどスタイリッシュ。洗練されていると思いますし、オスカー・アイザックの個性が光る素晴らしい作品。きっとアフターサンはみんなが2023年の映画として記憶すると思うけれど、私はこの作品も同じくらい重要。

 

 

2位  普通の人々:彼らを駆り立てる狂気  マンフレッド・オルデンブルク監督

 

 

今年観た中で最も、多くの人が観ればいいのに、と思った作品です。ですが、そういう作品はきっと星の数ほどあると思います。たかだか年間100本しか観ていないのに、こういう作品に巡り合えたことが嬉しい。「福田村事件」は作られた事が素晴らしい作品ですけれど、この映画と同じベクトルを含む作品ですが、何もかもこの作品まで届いていないな、と思います。

 

 

1位  オオカミの家  クリスト―バル・レオン ホアキン・コシーニャ監督

 

 

 

2023年の映画の中で断トツに突き抜けた作品。観た事が無い、という衝撃度だけでなく、あまりに狂気を感じさせるのに、目が離せない、悪夢の現実化な作品。多分、精神的に支配された事がある人の思考の地獄の可視化。前衛アート作品なのに、キャッチ―。相反する何かが存在する稀有な作品。向かない人には向かないけど。

 

 

来年も元気で生きていられたら、映画を観て、現実を忘れたいです。起きているのにみられる夢が、私のとっての映画です。

 

 

 

帯状疱疹でした・・・

2023年12月15日 (金) 09:38

病院にて、帯状疱疹の診断があり、薬で症状は少し治まりつつあります。

 

今日から普通に診療致します。

 

新型コロナウイルス蔓延後、もしくは新型コロナワクチンの接種後の可能性もあるようですが、帯状疱疹が凄く増えているそうです・・・

 

 

私の場合は、疲れが関連しているようです、しばらくの間は体調に気をつけ、休める時に休むように致します、皆さまもご注意ください・・・

あけましておめでとうございます

2023年1月6日 (金) 11:40

今年もよろしくお願い致します。

 

なんだかんだでこのブログは2008年12月に始めたのですが(その後2010年6月に今の形になりました)、15年も続いている事になります・・・

 

なんか急に怖くなってきました・・・こんな頭の悪い文章丸出しで15年ですよ・・・

 

そういう時は人間が発明した中でたった2つの良い事の一つである歌を聞こうと思います。

 

今頃、何故かブーニンを聞き始めました。

 

凄い!と思うのですが、ピアノの世界に詳しくなくて(土の世界にも詳しくないです)。これから勉強したいと思います。

 

凄く嬉しさ、ピアノを奏でる楽しさに満ちた演奏。

 

今年もお世話になりました。

2022年12月29日 (木) 11:04

本日の診療で今年の診療を終了しました。

 

今年は3月にとある総会で本当に心身共に疲れ果て、6月までの任期を何とか終え、11月には指導と激動の1ねんでした・・・まだいろいろ体に疲れが残っていますけれど、何とか体調を崩さずに1年間過ごせました。

 

その割には、映画館で18本、U-NEXTさんで40本、Netflixさんで23本、AmazonPrimeVideさんで10本、友人から借りたり友人宅シアターなどのDVDで観たのが8本、径99本観れました、あと1本お休みの年内中に観れたら嬉しいです。

 

 

その中でも2022年公開映画は41本でした。1ヵ月に3本新作を観れたら、1年間で36本なので、一応のノルマと課していますけれど、無事にノルマも果たせました。

 

 

そんな中での、個人的な私の2022年のベスト10を、今年も。

 

 

10位   ベイビー・ブローカー  是枝裕和監督

 

 

私の中で映画監督の巨匠になってしまいました。ホントに凄い映画監督。そして、今作が是枝監督のベストではないけれど、それなのに凄く魅せる!こういう部分が好きですし巨匠だと思わせてくれます。たくさん映画をこれからも撮って欲しいです。そして、ソン・ガンホさんがもうサイコー。私は本当の家族よりも疑似的な家族や繋がりの方が尊いと思います。

 

9位   ロスト・ドーター   マギー・ギレンホール監督

 

 

初監督作品でこの出来栄えですよ、本当に才能のある方ってスゴイ。これはある一定の年齢になった方には刺さる作品ですし、それが女性なら、なおさらだと思います。そしてオリビア・コールマンの演技凄すぎる。ダコタ・ジョンソンも素晴らしかったし、あの一撃!

 

8位   ピースメイカー   ジェームズ・ガン監督

 

 

これはHBOというアメリカのテレビ局のドラマなんですけれど、あまりに面白く、そして映像作品として今年の記憶と刻まれるべき作品なので。オープニングのダンス、サイコーですし、何というか人間味に溢れたダメな愛すべき人の話しなんです。私はあの髭もじゃの人が好きです。もう本当にダメでサイコー。

 

7位   THE OFFER

 

 

これも同じくドラマなんですけれど、あの名作「ゴッドファーザー」の映画プロデューサーの視点で、映画が出来上がっていくまでを追った映画制作秘話みたいな話しなんですけれど、本当に面白い!そしてこんな感じで映画が出来上がっていくのだというのを知る事が出来ました。中でも、私が普段なら好きになれない性格なのに、映画を製作するという1点において素晴らしくサイコーなエヴァンスがサイコーです。あと、これはスーツ映画です。テクスチャーまで想像させる、上質な、スーツ映画です。

 

6位   マイスモールランド   川和田恵真監督

 

 

正解がないにしてもここまでの現状とは、という事を知れると同時に、嵐莉菜さんというDaisy Ridleyさん級にめちゃくちゃ主役のオーラを感じさせる女優さんです。演技も最高です。もうこの人が出演するなら必ず映画館に駆けつけないと、と言えるくらい好きになりました。この主役感はなかなか誰もが出せるレベルじゃないです。しかもこの監督は、是枝監督の門下生で、これが初監督作品。恐ろしい。

 

5位   リコリス・ピザ   ポール・トーマス・アンダーソン監督

 

 

映画館で観れて本当に良かった。2022年で思い出される映画館体験になりました。映画の素晴らしさが随所に現れてくる傑作!こういう映画をポール・トーマス・アンダーソン監督が撮るなんて!という驚きと共に、忘れられない傑作。こういうのをオシャレと呼ぶんだと思います。そして名優フィリップ・シーモア・ホフマンの息子クーパー・ホフマンを観れた最初の作品。そしてブラッドリー・クーパーの忘れられない演技が。思い出すだけで笑えます。

 

4位   バビ・ヤール   セルゲイ・ロズニツア監督

 

 

こんなに衝撃を受けた作品は無いです。それも過去の映像のフッテージなので、意図してない映像を編集しているだけなんですけれど、まさに衝撃としか言いようがない映画。流石シアターイメージフォーラム。もう少し私はシアターイメージフォーラムに通わないと、と思いました。世界は知らない事で満ちています。でも知らないというのはある種の罪なのかも、と思わせてくれます。しかし本当に衝撃。これ学校で高校生くらい全員に魅せるべき作品だと思います。普通なら2022年のベスト1です。

 

3位   スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム   ジョン・ワッツ監督

 

 

この映画を観る為に、僅か1週間の間に、過去作品を7本観ました。そして満を持して映画館でこの作品を観たのですが、映像体験と脚本の愛で見事にヤラレマシタ。正直、しーぱーヒーローの映画だと舐めていたわけですけれど、凄く真剣に素晴らしい作品に仕上がっています。メタ構造でなかなか難しい作品なんですけれど、そして非常にエモーショナルな作品なんですけれど、最高でした。これも映画館で観れて良かった。で、普通ならこれが2022年のベスト1なんです、けど。

 

2位   RRR   S・S・ラージャマウリ監督

 

 

もう最高に大好きな作品で、これがエンターテイメントな映画の頂点でもいいんじゃないか?と思わせるくらい素晴らしい作品です。あまりに凄くて、よく考えたら感想にまとめてなかったです。もうとにかく万人に向けて、しかもエンターテイメントが好きな方なら老若男女問わず全員にオススメ出来る傑作です。年末から吉祥寺アップリンクでもかかるみたいなので、是非また観に行きたいです。ですから普通なら2022年のベストはこの作品なんです。でも

 

1位   ゴーストバスターズ/アフターライフ   ジェイソン・ライトマン監督

 

 

2022年に最も心に刺さった私のベストはこの映画でした。もちろんRRRも最高ですし、バビ・ヤールも忘れられない作品ですけれど、中学生の頃、映画が好きになった作品で今見返しても、そしてジョン・ベルーシの代役で始まったとはいえ、今ではビル・マーレイの代表作を、愛を持って作り上げたジェイソン・ライトマン監督。お父様のアイヴァン・ライトマンから譲り受けたというのも最高です。そして、映画館であんなに目から水が出てきたのって無い体験でした。恥ずべき事ですが、これは耐えられなかったです。

 

 

来年はもっと気楽に映画を観に行きたいな。残り少ない人生なので、もっと1秒を大切に使いたいです。今後はもう少し個人的な時間を有効に使いたいです。

 

「METERS」を聞いてます。

2022年10月7日 (金) 08:44

 

とある方からいただいたCDでMETERSの1stアルバムをいただいたので、聞いています。

 

カッコイイ~

 

 

ブログカレンダー
2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ