井の頭歯科

「小林秀雄の哲学」を読みました

2020年11月17日 (火) 09:40

高橋昌一郎著       朝日新書

何度も何度も挫折している小林秀雄の著作・・・本当に何度も読んでみようとチャレンジしても、何度となく跳ね返されて、ついに50歳を超えてしまいました・・・それくらい話しが読めない作家として私の中では稀有な存在です。読んでも意味がワカラナイ、という非常に難解で、しかし私の好きな作家や人物が、必ずと言ってよいほど「影響された人、尊敬している人物」に名前を挙げる人が最も多い人、として認識されてきました。結局今まで1冊も理解出来た、とか言わんとしている事の大筋は把握出来た、と言えない、途中で挫折する事多分10回以上の作家・小林秀雄を、大好きな書き手である高橋昌一郎先生が紹介する新書です。この新書でさえ、3回は挫折しています・・・本当に難解でした・・・が、今回は言わんとしている事の外郭は、ほんの少しだけ、出来た気がします。高橋昌一郎先生の大変分かり易い紹介が無かったら、多分一生かかっても読めなかった作家。そして、今後読む事は、まず無い、と理解出来た作家です。

まず、非常に難解に感じるのは、話しが飛びまくるからなんですね。論理的に読もうと、理解しようとすると煙に巻かれる感じがするのです。そして、共感する、小林秀雄になったつもりで理解する事が重要、と高橋昌一郎先生もおっしゃっていますが、それは最も私が嫌う読み方なので、客観性がまるで生まれない読み方なので、全然理解出来なかったのだ、と分かる事が出来ました。簡単に分かるという単語を使ってしまいましたが、その分かる、は今までの全く理解できない、から相対的に考えて、分かるという単語を使おうとするくらいには、分かった、という事なんですけれど・・・

客観性を捨て去り、小林秀雄になりきって読む、私には全然出来ない、読み方ですし、まずしてこなかった読み方です。100%の信頼や憑依を行う事の危うさ、宮台真司先生も言い方は違いますが「感染する(ミーム)」と言う意味で使われていた時もありますが、私には客観性を手放す事、半信半疑の状態以上に憑依するかの如く読むという事が出来ませんでした。

そして私の好きな作家や書き手は、この小林秀雄の憑依する事でしか読めない、というような書き方は全員がしていないのが、非常に特徴的に感じました。ある種の客観性を持たせて表出する、表現しているのですが、小林秀雄は全然違うんだな、と思いました。例えば直観を鍛える、という言葉を、私はまず疑ってしまいます。直観とは何を持って直観と言っているのか?定義は何処までを指すのか?その上でその大変スピリチュアルな直観をどのようにして鍛えるのか?全然意味不明になってしまいますが、そういういっさいをひっくるめて、理解し信じないと読み進める事が出来ないようになっているのが、小林秀雄の文章だと思いますし、批判を受け付けないのが、恐ろしく感じました。反証できないんです、小林秀雄の世界では。反証を許さない世界を客観的に見る事は出来ませんし、信条的に無理と感じました。

それでも、これだけ多数の尊敬すべき人間が小林秀雄の人間性を好み、尊敬し、敬っているのは、小林秀雄の人間の魅力なんだと思います、凄くジャイアニズムに近い感覚で、という事なんですけれど・・・

もの凄く頭のイイ人ですから、私なんかが考える事は馬鹿々々しい事でしょうけれど、大変ストイックな方でもあり、破天荒な部分もあって、無頼な面さえ持ち合わせた青年期の姿、確かに人気があると思います。反証を許さずに、私のいう事は正しい、という信仰にも似た信頼感がある人には大変刺激的な書物。

小林秀雄が右派から人気があるのは、何となく理解出来ました。多分、この人を持ち上げる事で自分の評価を上げる事に使っている人も多いと思いますし。何しろ自分が思った事が全て正しい、という事に直結しやすいし(あくまで、しやすい、という事。そこに反証を挟む事を、粋じゃないとする感覚)、その事への危険性がほぼ皆無でもイイ、という事になりかねない、と思うのです。

有名な戦争への介入についても、反省をしない、もしくはそういう態度を示さない、という1点に於いて、この人の姿勢が、自身の過ちを認めない、という姿勢に見えるのが大問題だと思うし、その点を、潔いとして評価する人の心持ちが理解出来なかったです。『僕は無智だから反省なぞしない。利巧な奴はたんと反省してみるがいいじゃないか』  という発言が、公になる事を、理解していても、その姿勢を崩さない事を評価、というのが、どうにも飲み込めないんです。 無知である事を肯定するなら、見る事を、生活する事を、どして批判出来よう・・・

およそ独善の人。そして信者からすれば教祖にあたるわけで、それは信者、ですから信仰なので揺らがないですよね・・・

スタイルで言えば、プラグマティズムに近い。そういう意味で同世代とも言えなくない鶴見俊輔の小林秀雄評があれば読んで観たかったです。

私は無神論者なので、そういう意味でも逢わないという事が分かっただけでも、残り少ない時間の中で、もう挑もう、と思わなくなったので、そういう意味でも、著者に感謝致します。

小林秀雄の信者の方に、オススメします。または小林秀雄が全然読めないで困っている人に。

「銀河ヒッチハイク・ガイド」を読みました

2020年10月16日 (金) 09:11

ダグラス・アダムス著   安原和見訳   河出文庫
今、ちょっと忙しく、なかなか自由な時間がありません・・・
自由な時間は作るモノ、なんでしょうけれど、作れないのが現状なんです・・・もう少しいろいろ決まったらご報告もしなければいけないのですが、ちょっと前に読み終わった本の話しです。
頭が疲れているので、少し緩めたいと思い(注  この疲れている、は個人の見解です 読者の疲れているとは異なる可能性があります)、手に取ったのが、凄くバカバカしい事で有名な、しかし、読んだ事が無かったので古本屋で手に入れた「宇宙ヒッチハイク・ガイド」です。
銀河で出版されていて、しかし辺鄙の星地球では販売されていない、とても有名な、銀河をヒッチハイクする人の必需品のひとつが、バスタオルと共に必要な書籍「銀河ヒッチハイク・ガイド」です。しかし、地球に住んでいるアーサー・デントはその存在を知らないばかりか、自宅が今まさに取り壊される危機に立たされていて・・・というのが冒頭です。
とても、とても、バカバカしいSFなんですけれど、とてもおかしくて笑えます。よくある偽史モノにも似た感じです。それを宇宙規模で行い、且つ、とてもブラックなジョークに満ちています。頭空っぽで読むことは出来なかったですけれど、大変面白おかしく読めたので、リラックスになりました。
今は、とても、バカバカしい事が出来ない時代の空気を感じます。そもそもバカバカしい事をやる自由、というものを許容するのが大人の態度というモノだと思いますけれど。例えば時の権力者を揶揄する事は権力者なのだから受け入れるべきなのでは?と思います。それを閣議決定ってホントにスゴイ時代だと思います・・・
官僚システムって、この様子だと、辺鄙な星・地球だけでなく、宇宙でも、とても一般民にとって幸せをもたらさないけど、無いと大変、という付き合わざるを得ない存在で組織なんだなぁと痛感致します。
銀河ヒッチハイク・ガイドの表紙には、DON’T  PANIC!と表記されています。
私もパニクらないようにしたいです。そして、真理は42!←なんのことだかワカラナイとは思いますけれど、そういう事です。
SFが好きな方にオススメ致します。

「女帝 小池百合子」を読みました

2020年9月23日 (水) 09:12

石井妙子著    文藝春秋
ピカレスクロマンとして面白いよ、と同世代よりチョイと年下の友人からオススメして頂いた作品。ベストセラーになっていますね。私の趣味の世界や興味のある事から、割合『政治』がどんどん離れて行っている事に最近気づかされますし、私が読みたい作品がベストセラーになっている率がどんどん低くなっているのですが、たまには、と思い手に取りました。
小池百合子都知事が、幼少期からどのような家庭環境で育っていったのか?なぜカイロ大学なのか?その入学や卒業はどのようなモノであったのか?カイロ時代にルームメイトだった方の話し、その方の日記、さらに事実とは何か?に至る大変読ませる本でした。ほぼ1日で読める内容です。
確かに、ピカレスクロマンとして、ここまでヒドイのか・・・という感覚があります。家庭環境を選べる子供はいませんけれど、それにしても、な父親で、多分この人が元凶だと思いますが、正直とてもよく見かける元凶タイプに見えます。大変破天荒で、政治の世界には何もかもを解決出来るパワーや権力がある、と思い込んでいる上に、何故だかワカラナイが自己認識能力が異常に高く設定されているのに実力が乏しく乖離が大きすぎるのに反省や省みるという行為は皆無。周囲に迷惑をかけ、いや、かけ続け、一発逆転を願い続ける人生。そんな父親の基で育つというのがどういう事なのか?には興味があります。
何故自分の実力を測る事が出来ずに、肥大した自己認識を改める事が出来ず、その上失敗の責任を他者に押し付ける、ここまでくると会話が成り立たないと思うのですが、時々見かけますし、圧倒的に、何かしらの重大事件の犯人の親に、よく見かけるタイプだと思います。
途中までは気づけてたと思うんです、自分には実力も実力を得る為の努力もしていない事を。しかし、取り返しがつかないPoint of Noretumを過ぎた後は無自覚に、きっと自分でついた嘘を、嘘ではない真実と思い込む(思い込むのは得意と思われます、実力をつけるよりもずっと)ようになっていったと思うのです。私が興味があるのは、このポイントがどこであったのか?という事なんですけれど、この本の中では語られませんでした。
確かに、この本の通りなのであれば、小池百合子東京都知事には、人として問題があるし、経歴詐称の疑いが濃いですし、政治家としての能力は著しく低い、と言わざるを得ないです。
ただ、日本の政治家になる人で、この手のタイプじゃない人を探す方が大変じゃないですかね(あくまで個人の実感ですし、国政レベルでは。もちろん優れた人もいらっしゃるのでしょうけれど)。もちろんレベルに違いこそあれ。対比される石原慎太郎もそうでしたし、選挙の顔である党首のその時の勢い、雰囲気で勝敗が決まり、なおかつ、その党首の人気や雰囲気に左右される事が分かっても、実力をつけて議論するのではなく所属する党利党略で当選が決まる傾向が強くて、しかも有名であるほど選挙に強いわけです。
多分間接議会制民主主義を行うには、その国民、主権者たる国民の民度、レベルが上がらないと、難しいのが民主主義なんですけれど、でも国民が政策のプロの判断が出来るわけじゃないのも当然なので、この辺が難しいです。それでも、この状況だと、この人だけにはなって欲しくない、という消極的な選択になってしまいそうです・・・政治家はその国民のレベルでしか出てこないですし。
だからこそ、野党の議員が都民ファーストに移籍したがったり、選挙を戦って当選した後に政党から離れたり、そういう不信をずっと行っている気がします。
民主主義ってすごく煩雑で手間がかかります。その過程で、何処かでボロがでるからこそ、この過程を端折る事は、民主主義の否定になってしまうと思います。でも、非常にまだるっこしいと、人の常として、もっとスムーズでスピード感のある、結果に結びつく、とか思うわけですけれど、これが多分民主主義の否定の第1歩だと思います。
自分の考えに近い人間に、独裁を行ってもらう事を、恐らく人は望むもので、特に国家的な祝祭、イベント(それが戦争という負にもなりうるものであっても)、を経て、大変狂乱的に、その他の想いがあるマイノリティを排除していく失態を、国家レベルでも、数人のグループでも、嫌と言う程見てきているのに、人の願望は変わらないものだなぁ、と思いますし、熱狂、怖いと思いますね。特にオリンピックのように国威発揚に使うのが簡単なイベントを来年に、一応、控えているので。
そもそもその最大の失敗がナチスドイツで、民族浄化まで行ってしまっているし、怖いのはこのホロコーストが無かった、と言い出す人が増えている事に、怖さを感じます。
そう言えば、国会議員が『国民の為の内閣』って言わなければいけない状況が、大変『明るい農村』問題を含んでいて、凄いディストピアに住んでるなぁ、と思う次第。
都政は私個人とも切っても切り離せないわけで、でも、私が小池百合子に投票しなくても、結果が当選なら従うしかないわけで・・・この本がベストセラーになっても、変わらないような気がしますけれど、どうなんでしょうね。
東京都民の方々に、オススメ致します。

「日本の戦争映画」を読みました

2020年9月1日 (火) 09:15

春日太一著    文春新書
日本の夏は、先の戦争を考える夏だと思っています。毎年、それなりに考えに至る新しい何かが判明したり、作品がつくられたりしています。
そして、未だに、先の戦争を総括する事が、私自身の中で終わっていません。とても多くの犠牲を払い、誰が、何で、こうなったのか、が全然理解出来ていませんし、自虐的な歴史観とか、自己愛的な歴史観とか、右派、左派とかは比較的どうでも良くて、まだ。この出来事を、それなりの到達点まで達した、という実感がありません。多分死ぬまで無いとは思いますが、それでも考えるのを止めるのは避けたいと思います。
そういう意味で、戦争を扱った日本の映画を、春日太一さんに語っていただくのは、大変面白かったです。
戦争を美化している という批判も 左翼のプロパガンダ という批判も、それぞれ一理あると思う人が、そう訴える事は構わないのですが、相手を自分の思想に染めよう、私と同じ考え方が出来ないなんて馬鹿だ、という人とは話しが出来ないと思います。それに、凄く感情的になる人も、出来たら避けたいです。その人の心情なり矜持が国家に大部分帰属する事を咎めるつもりもありませんが、その人が誰かを批判するのに、日本から出て行け、とか、日本人じゃない、とかという揶揄を言葉にするのは許せないと感じます。あなたは国家と自尊心を一体化させて心地よいかも知れませんけれど、そうではない人を認めないのもおかしいですし、そもそも個人が他人の国籍をどうにか出来るという発想が頭が悪いと思います。ホロコーストまで行ってしまう考え方ですし。もちろん逆も然りで、プロパガンダでない映画なんて多分無いと思います、それなりに、製作者の意向が反映されますし、そもそも意図しなくても映し出される事だってあります。また誤解を含めて映画体験は人それぞれなはずです。
そういう意味で、春日太一さんの解説は、大変クリアで、もちろん完全なニュートラルなんてないんですけれど、ニュートラルであろうとする姿勢、が大事なのであって、完全な中立なんてありませんし、配慮されていると感じます。割合言葉に敏感な養老孟司先生も、この中立と言う意味でNHKを批判されていた事があって、中立になれるなんて神か?と批判されていましたけれど、当たり前ですが、完全な中立なんて無くて、中立を目指す、という姿勢でしか表せないし、だからこそ人は間違うから、中立で無い場合に、検証して、後から訂正したりするんだと思います。そういう意味で安倍政権の議事録を残さない、という負の遺産だけは、せめて時期の方にはなんとかして欲しいんですけれど、難しそうですね・・・
この新書の中では、やはり引っかかるのが、軍部や上官が粗野で暴力的(悪)であり、新入隊する新兵、中でもインテリ(善)という構図は、とても映画を撮る際には都合の良い構図だと思いますが、これが行き過ぎてしまった感は否めないと感じます。軍部ももちろん悪かったと思いますが、それを大半の日本人も支持していたわけで、この辺が、軍部を悪にして、国民はその被害者という偽善の温床になっている気がします。等しく、国民にも戦争責任はあると思いますね。
これから見ようと思ったのは、脚本家 須崎勝彌です。そしてもちろん岡本喜八のスタイル、立ち位置がやはり好きですね。
作品ですと「拝啓天皇陛下様」が観てみたくなりました。
日本の戦争映画にも様々なタイプがあり、戦史もの、情話もの、恋愛もの、様々ですが、でも泣かせるものは、あまり見たいという気になりません。
当たり前ですけれど、戦争体験者が作っている映画は、明らかに体験者ではない人とは違うように見えますね。とても複雑な想いがあるのを、春日さんの解説で理解出来たような気がします。
そして、新たな戦争映画の傑作「この世界の片隅に」の片淵須直監督の対談も読みでがありました。日常から見える戦争、今までに見た事が無かった傑作でしたから。
映画の中の戦争を体験してみたい方に、オススメ致します。とりあえず、岡本喜八監督「日本のいちばん長い日」を観ようと思ってます、リメイクは観ちゃってるので。

「これやこの」を読みました

2020年8月11日 (火) 09:19

サンキュータツオ著   KADOKAWA
サンキュータツオさんは、芸人であり、日本語学者であり、論文マニアでもあり、アニメーションのオタク的な方でもあるのですが、私はラジオ「東京ポッド許可局」のリスナーとして認識しています。
そんなサンキュータツオさんの随筆集です。最近そういえば随筆という単語を見かける事すらなくなりましたね・・・
落語がとても好きな方ですし、教養のある人、と思います。広くて深い、しかしダメな男子には親和性も高い方だと思います。
落語を身近に、というコンセプトの中、キュレーター的な立場で関わっている「渋谷らくご」でお付き合いのあった2名の師匠、柳谷喜多八師匠と、立川左談次師匠との関わり、その落語との向き合い方、大変興味深く読めました。私は落語については全くの素人であり、お名前も知らない2名の師匠の、その落語との距離というか関わり方を読んで、是非見たかった、と感じました。
しかし、この考え方は大変失礼とも思っていて、やはり現代の、今の、コンテンポラリーなモノを見続けて行かないとワカラナイ種類の理解や感じ方があると思います。私はそれをしていなかったので、簡単に、残念というのは失礼だと思ってしまいます。古典も学びつつ、しかし新作や現代のまだ評価の定まらないモノを見続けてこそ、ある程度の軸が出来上がると思うのです、それにしても人生は短い。その中ですべてのものにかける時間はなく、取捨選択の結果、私は落語を観てこなかったので、そういう感覚を持つ事が失礼に当たると思うのです。
これはどんな物にでも当てはまると思います。
しかし、それとは別として、この随筆集の一貫したテーマは『死』だと思います。そして私は読書にしても映画にしても、死に親和性や共感を覚える感覚がうっすらと、幼少期からある気がします。だからこそ、今を最重要と考えてしまうし、『今』しかないと感じます。
「月曜15時」で語られるロマンチストで現実的な、これぞ見本のようなロマンスグレーの男性との邂逅、「ツインの老人」の摩訶不思議な老人との電話での会話、「黒い店」での古本屋のディープな世界、「バラバラ」の62歳の新人賞受賞者、「拝啓 ジュディ・フォスターさま」の親友とも呼べそうでそうでもない距離感の会話の妙、「空を見ていた」の1枚の写真、そして「鈍色の夏」における京都アニメーションでの事件からJFE東日本の投手・須田の奇跡で回収される日常への戻り方、どの随筆もサンキュータツオさんの、日常や距離感が感じられて、勝手な親近感を覚える。
適度な距離について、もしくはロマンティシズムについて興味のある方に、オススメ致します。
ブログカレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ