井の頭歯科

「めし」を見ました

2013年8月30日 (金) 09:02

成瀬 巳喜男監督       東宝

「乱れる」があまりに衝撃的だったので、成瀬監督作品を見たくなり、借りてきました。ずっと前のことですが、ヴィム・ヴェンダース監督が(いろいろ名作多い方ですけど、私は「夢の涯てまでも」が好きな作品です)日本に来たら成瀬監督作品のDVDが買えると思っていたのに全然無くてがっかりした、という趣旨の発言をしていたことがあったと思うのですが、今はちゃんとDVDになっていてくれて嬉しいです。近所のレンタルビデオショップには、見たい映画でVHSしか無い作品があります(「ソイレントグリーン」とか「わらの犬」とか「惑星ザルドス」とか・・・)ので、DVDになっていると嬉しいですね。

大阪に住む三千代(原 節子)は夫(上原 謙)との2人暮らしです。しかし夫の仕事は忙しく、三千代は主婦業の繰り返される毎日に辟易としつつあり、いわゆる倦怠期が訪れているようです。そこに突然夫の姪の里子(島崎 雪子)が現れて生活に波紋を投げかけるのですが・・・というのが冒頭です。

原作のあるものですし、その原作を読んでいないので分からない点も多くあるとは思いますが(ウィキ情報ですと、絶筆の未完の作品なので成瀬監督が結末を考えたみたいです)、女性の視点、主観、そして客観性にも十分に配慮した作品だと感じました。

原さんと言えば、もう小津作品のヒロインですし、とても綺麗な方であるのに、この作品ではとても生活感あふれる、『生活の普遍性に疲れた、主婦』というイメージと離れた役どころであるのに驚きました。当時の主婦業の煩雑性にも驚かされます(逆に言うと現在は本当に恵まれた時代ですよね)が、原さん演じる三千代と他の人物の関係性の妙が素晴らしく面白いです。
さらに夫役の上原さんのとても所帯じみた感じと、言いたいこともいろいろあるけど言い出すタイミングも逃し気味だし、取り繕い方も上手くない朴訥な感じと、多少女房にどう思われようと構わない(と思っている強がった部分を見せたい)と思わせたい感じの雰囲気を醸し出すのが上手くて素晴らしいです。

里子、というある意味トラブルメーカーの存在を遠慮なく演じた島崎さんもなかなかの好演だと思いました。しかし、正直お近づきには決してなりたくないタイプのキャラクターです。が、こういう面があるのも女性的な一面と言えなくもないと思います。

そして男性の、こういう人いる、と思わせるのが三千代のいとこの竹中役です。非常に上手い演出をされていると思います。男性的な特徴を表していると思います、良くも悪くも。

また、当時の暮らしを垣間見る楽しさ、という部分もあります。なかなか今からは想像しにくい暮らしに見えました。

ただ、好みの問題かもしれませんが、もちろん、この作品も面白く、もう1度いつか見ようと思っていますけれど、「乱れる」の衝撃を超えるものでは無かったです。

成瀬監督作品が好きな方、原 節子が好きな方に、原作の林 芙美子さんがお好きな方に、オススメ致します。

アテンション・プリーズ !!

やはりネタバレもありつつ感想をまとめたい部分もありまして、未見の方はご遠慮ください。

三千代を主軸に、その夫である上原の、姪っ子可愛がりの、その場その場の対応のギャップに表される疎外感の、今までの努力を徒労感に変えるであろう接し方の関係性、そして姪っ子の自由奔放と言うよりはさらに進んだ我儘で傲慢な態度とそれを許されてきた、スポイルされた姪っ子との関係性、そして姪っ子が来たことで家庭内の空気が変わり、そのことで、より鮮明になる些細な齟齬を(おそらく異性と付き合った事がある方であるなら誰しもが経験しているであろう事)を浮き彫りにします。

夫という家族でもある近しい人間を、それまで知っていたはずの人間が知らない人間に見えるかのような、場面に遭遇したり、里子という姪っ子と接することで、無鉄砲で無遠慮な、しかしそれを許される若さを自分は失いつつあることを気が付かされ、気持ちに余裕がなくなっていく様がデリケートに描かれていてリアルです。丁寧な描写と出来事の積み重ねで、より説得力を持たされます。

また、いとことして出てくる竹中という人物の、一見人柄良く硬い仕事があり、さらにジェントルマンのように振る舞っている人物との関係性の推移(本当に竹中という人物像のリアルさは男だからこそ身につまされる!)、母親(杉村 春子)との関係性、そして旧友たちの現在置かれている状況を知りつつ、考え方が徐々に変わっていく様は、この映画の落としどころを良くも悪くも予感させてくれます。割合よくある結末であり、しかし、この間の試行錯誤の結果、という体験を通しているからこその納得があります。十分現代にも通じる女性の問題を表していると思います。今でこそ手垢のついた解決策でしょうけれど、案外最も現実的な解決策にも感じます。

ウィキ情報ですと原作ファンの結末への違和感、分からないでもないのですが、映画としては個人的にはこちらの方が理解できますし、映画として良いと思います。なにしろ帰路につく二人の会話はそれほど噛み合ったものに見えませんし、夫は変わらず夫であるのですが、三千代は様々な経験をしたことで覚悟が出来たように見えます。だからこそ手紙も破けたのではないか?と。結末が気に入らなかった人は「風と共に去りぬ」を見ればいいと思います(私の個人的な意見ですが、どうして「風と共に去りぬ」が名作なのか?ちゃんと理解できません・・・)。

夏祭り2013

2013年8月27日 (火) 09:06

今年も演奏してきました、夏祭り。

先日の土曜日だったんですが、雨が降りそうだったので、テントをお借りしてのセッティング、それでも雨が降らなかったのが嬉しかったです。

ここ数年参加させていただいていますが、今年は信じられないようなミスタッチは無かったものの、あがってしまう場面はありました・・・

この夏祭りでの演奏ですが、非常に綺麗なマジックアワーに始まるのが、演奏者としても心地よいです。暮れてゆく夏の終わりに、野外で演奏は、確かに自分たちの音が聞こえにくいという欠点はあるとしても、気持ちよさで十分補えます。

我らが(という表現をお許しいただきたい!)指揮者の深沢先生のマイクパフォーマンス(失礼!MCです)も、このバンドの味だと思ってます。

ともあれ、無事に演奏が出来て良かったです。

そして演奏が終われば、楽しい打ち上げです。

社会人には社会人なりの忙しさがあり、中学生には中学生なりの忙しさを工面して(夏祭りでは、このバンドの主体である立川8中の現役ブラスバンド部の子供たちも一緒に演奏します!)の、一緒に乗り越えた感があって余計に盛り上がります。また、中学生だけでなく、ここ最近卒業した高校生や、OBのお子さん方も参加してくれていて、そういう縁もこのバンドの良いところだと思います。いろいろな人が(私もOBではないのに快く仲間に入れていただいてくれて感謝です!!)演奏に参加しているのも嬉しい限りです。

冬の演奏会も頑張ろうと結束もより強くなりました!(ちょっと飲み過ぎた感はありましたが・・・)楽しい演奏で良かったです!

「パシフィック・リム」を観ました

2013年8月23日 (金) 08:34

ギレルモ・デル・トロ監督      ワーナーブラザーズ

たまには娯楽映画に足を運ぼうと思い、観てきました。なんだかんだ言いつつも、個人的には観終わった後にいろいろ考えたくなる映画が好きです。スノビッシュな小難しい作品が好きというわけでもないんです。が、しかし、単純な勧善懲悪や、良かったねハッピーエンド、キャスティングだけでどういうカップルが結ばれるのかが分かってしまう作品は好きではありません。もちろん観てない作品には何も言えませんが。キャスティングだけでどういうカップルが結ばれるのかが分かったとしても、その起伏なり障害に説得力があり、乗り越える際のカタルシスにある程度のロジックがあれば感情的になれる作品もあると思います。

予告編の熱さを感じたので足を運ぼうと思いましたし、正直ガジェットとしてのロボットの形やスタイルには少々疑問も感じていたのですが、これが非常に面白かったです!ロボットのイェーガーはこの形で正解だと思いました、やはり作品は観てみないと分からないです、当たり前のことですけど。

何故パイロットが2人必要?だとか、なんで海の中からなのか?とか、いろいろと気になる部分も多い作品でしょう。時間の尺から考えると、様々な物事を詰め込み過ぎなきらいも認めます。が、これはたしかに凄い作品です。で、どう凄いのか?は観ていただく事が最も優れた説明になっていると思います。

カイジュウが好きな方でも、ロボットが好きな方でも、パニック映画が好きな方でも、人間ドラマが好きな方でも、群像劇が好きな方でも、そしてアトラクションを楽しむのが好きな方にも強くオススメできる作品だと思います。極力3Dで鑑賞される事を勧めます。

132分間、ずっと良質のアトラクションに乗っているかのような感覚が得られます。

ライブ!

2013年8月20日 (火) 08:54

ビックバンドジャズのライブに行ってきました。

患者さんにいただいたチケットだったのですが、生まれて初めて江古田という場所に行きました。

南口駅前のライブハウス「バディ」に行きました。

『ジャガーノート』というバンドのライブでしたが、ビックバンドのゴージャスさ、音量の幅の大きさ、大変面白かったです。知らない曲も多かったのですが、どの曲も非常に面白かったです。テクニカルで難しい曲も多かったのですが、そこを流石と思わせる納得させる演奏だったと思います。また、ビックバンドでアルト・サックスのソロ、アドリブというのはテナー・サックスに比べて少ない気がするのですけれど、かなり、アルト・サックスにスポットライトが当たっていて、ソロもアドリブも多くて、個人的にはグッときました。

ブレブレの写真で申し訳ないんですが、かっこよかったです!

8月18日 日曜日の休日応急歯科診療 武蔵野市歯科医師会担当は井の頭歯科です。

2013年8月18日 (日) 00:11

本日、8月18日 日曜日の武蔵野市歯科医師会 休日応急診療の担当が私たち井の頭歯科です。

午前9時から12時までと13時から17時までの間は救急対応致します。

お痛みの方や、お困りの方はお電話下さいませ。   電話番号  0422 21 6300 です。

また、突然の痛みや腫れなどは、日ごろの清掃状況にも左右されてしまいます。是非かかりつけの歯科医の先生を探して頂き、普段からの定期健診を心がけてくださいませ。基本的に、歯科は予防がかなり効果的な分野です。現在は技術の進歩によってインプラント治療や、ブリッジ、そして義歯(入れ歯)を作ることが可能になっていますが、その治療は1日では出来ませんし、健康な歯を抜いてインプラントを推奨する先生がいないということは、もちろん失ってしまった場合の治療法としては、効果的ですが、そもそも歯を失わなければわざわざインプラントやブリッジ、義歯を使用しなくとも健康で不自由のない生活を送ることが出来ます。

是非、日頃からの定期健診を行って下さい、それがみなさんの歯を守ることに繋がります。

ブログカレンダー
2013年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ