井の頭歯科

「MERU/メル―」を見ました

2019年12月9日 (月) 08:27

ジミー・チン監督      ピクチャーズ デプト

久しぶりに友人宅にお邪魔した際に観させて貰った2本のうちの1本です。もう1つの映画(?)「デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち」も物凄い映像作品でしたが、これは置いておくとして、さらに衝撃的に驚かされたのが、この映画「MERU/メル―」です。

登山家の活動を追ったドキュメンタリー映画です。MERUとは、別名シャークスフィンと呼ばれるヒマラヤの一角にある標高6250メートルの峻峰です。まさに、高さではなく到達できるのか?というくらいに切り立った峰です。映像で確認して頂きたいのですが(下の写真)、めちゃくちゃ切り立った部分、3つある尾根の中央です。普通登れるとは思えません。

しかし、ここに3名のクライマーが果敢に挑戦します。とりあえず、この作品は予告編を見ていただくのが最も分かり易い導入だと思います。

そう、これはその3名、隊長のコンラッド、撮影もするジミー、最年少のレナンです。いずれも劣らぬ大変なクライマーで、且つジミーはこの映画の監督、つまり、自分たち3名で登山をし、その様子をカメラに収めているのです。

本当に驚愕なんですけれど、壁にテントを括りつけて、寝たり休んだりしています。はい、言葉だと何を寝言を言っているんだ、とお思いでしょうけれど、本当に、標高の高い、切り立った崖に、テントを張り付けて、寝ています。正気の沙汰ではありません。言葉で伝えられる事はこの映画ではあまりありません。なので、観ていただくしかないのですが、当たり前ですが、是非大きな画面で見て頂きたいです。

まず、撮影している監督でクライマーのジミーさん、ハッキリ言って異常な精神の持ち主です。私ははっきりとした高所恐怖症ですが、尋常じゃない精神力です。なんであんな場所で寝られるんだ?と思います。しかも、割合笑顔なんですね・・・本当に山登りが好きなんだろうとは思いますが、まさに生死の境目に、常に、います。これは、まさにスリルジャンキーです。

キャサリン・ビグロー監督、パトリック・スウェイジ&キアヌ・リーヴス主演、映画「ハートブルー」のパトリック・スウェイジが演じた男のようです。スリルを感じられないと生きていられない人の話しです。絶対に生半可な気持ちでついていってはいけない人たちです。

無論、これは映画ですから、誇張されていますけれど、私は実際に、もっと規模の小さいですけれど、そういうスリルを求めている人を何人か知っています。その人と何かを一緒にする場合は、非常に助けられる場合が圧倒的に多いんですが、時に協力を求められる事があると、非常に危ない事になります。しかし、この人たちは、その瞬間こそ、生きている実感を得られる、誠に心地よさを得ている、ように見えます。そして、自ら、そういう時間を求めています。まさに中毒状態です。

そんなスリルジャンキーなジミーのメンターであるコンラッドも、かなりの異常さを隠し持っています。普通に話していたり、行動ではワカラナイ部分が、この映画の中で暴かれる時、ジミーの恐ろしさを超える何かがコンラッドにもあるのが理解出来ます。

そんな先輩2名についていくレナンは、割合普通の人です。しかし、覚悟の判断に、レナンの苦悩を超えた、執着もみえて、加わるべくして加わった人物であるのが理解出来ます。

本当に美しい映像の中に、ええ??という場所に、人(クライマー)がいます。

山登りが好きな方に、映画「ハートブルー」が好きな方に、オススメ致します。

「ホワイト・クロウ」を見ました

2019年12月6日 (金) 09:03

レイフ・ファインズ監督     キノフィルムス

2019年見逃し後追い作品 その9

私はそんなに詳しく知りませんし、実際に観た事が無い、映像作品と振付作品を観た事があるだけなんですが、何といっても、シルヴィ・ギエムを抜擢し、そして、私はより偉大だと思うマニュエル・ルグリを見出した人、として認識しています。ルグリが、パリオペラ座の生徒に指導する番組「スーパー・バレエレッスン」で踊られていた演目に「ロミオとジュリエット」の有名なバルコニーのシーンがあったのですが、それまで知っていたのはマクミランの振付で、フェリが踊っていたモノを知っていましたし、それが最高だと思っていたのですが、その番組では全く違う振付でした。模範として踊っていたのはエルヴェ・モローとドロテ・ジルベール。この2人がとんでもなく素晴らしかった。しかも、物凄く、難しい事をやっているのです。私は全く、盆踊りすら踊れませんが、ド素人の私が見ても、明らかに、とんでもなくテクニカルな踊りを要求されているのに、そこにロマンティシズムを感じるのです。エコーがかかったかのように、女性のダンスの後を男性が同じ動きで追いかける事で男性が女性に夢中になっている、と分からせる振付は素晴らしいですし、思いが通じた後の喜びの爆発の表現にまず男性だけが踊るというセンスの良さ、その後にユンゾンする事で完全に同じ心持ちになった事を表現する時のクライマックス感、そしてラストの余韻が残って大好きな手を振るシーン!こんなの一部のエリートしか踊れないに違いない、と思って調べてみたら、このパリオペラ座のロミオとジュリエットの振付をしていたのが、ルドルフ・ヌレエフ、この映画の主役です。

この映画は、とても個性の強い、ロシア生まれでキーロフで育ち、フランスへソ連のカンパニーとして公演に来ていた時に亡命する場面を扱っています。ですので、あまりサスペンスは起きにくい映画です。

また、主役を演じている方は結構ルドルフ・ヌレエフに似ていると思います、顔がですけれど。

実際に、どうだったのか?がワカラナイですし、途中で結構キツい展開もありますし、ドイツ系のある人物との描写なんて、ギリギリすぎるとは思いますが、まぁ映画なので仕方ないかも。

私は実際には生のヌレエフのダンスとして、衝撃を受けていませんが、それでも、現代にまで波及させるほどの影響力を与えた人物。映画になっても不思議じゃないです。

ヌレエフに興味のある方に、オススメ致します。

「荒野にて」を見ました

2019年12月4日 (水) 09:20

アンドリュー・ヘイ監督     A24

2019年見逃し後追い作品 その8

今信頼できる製作、出資、配給会社であるA24が配給していて、しかも予告編が大変美しかったので手に取りました。

チャーリーは15歳、父親と2人暮らしだが、かなり生活が荒廃している上に、父親がまた大変困った感じだが、しかしそれなりに対処する毎日。しかし、ある日、父親の浮気相手の旦那が家に来て・・・というのが冒頭です。

大変キツい現実を描いた作品でした。

チャーリーには、恥じる、という大変日本的な感覚があり、単純に施しを受ける事に違和感を抱いています。

もちろんチャーリーの行動の全てを、許容する事は出来きません。

しかし、誰にでも経験があるであろう、責任を負う、という社会的な義務を果たせる前に、社会との断絶があり、繋がりが大変希薄な状況に陥ってしまう・・・あなたにも、私にも起こりえたかもしれない出来事を扱っています。

その際に、チャーリーの社会との繋がりをかろうじて感じたのは、美しい馬だけだった事の悲劇性を丁寧に扱った作品。

美しい、とは何か?を扱った作品。

そのラストまで含めて、大変美しかったし、チャーリーの場合はそれでもまだ救いがあった事に、安堵を感じますが、そうでなかった場合も事を、やはり悲しみを感じずにはいられません。

スティーブ・ブシェミが、大変素晴らしい演技をしてくれています。

美しいモノが好きな方にオススメ致します。

2019年に観た役者さんの中で、最も厳しい姿を見せてくれたと思います、主役のチャーリー・プラマー、名前を憶えておこうと思います。

「ブラック・クランズマン」を見ました

2019年12月2日 (月) 09:08

スパイク・リー監督      パルコ

2019年見逃し後追い作品 その7

スパイク・リー監督作品は、そんなに観ているわけではありませんが、しかしスパイク・リー監督作品にしか無い何か、が確実にある監督だと思います。やはり強烈だったのは「マルコムX」ですね。「ドゥ・ザ・ライト・シング」は内容をすっかり忘れてしまいましたが、衝撃的だった、という事だけは覚えています、観返さないと。多分90年代だったと記憶していますが、かなり忘れちゃってますね・・・

1972年、コロラド・スプリングス。警官の募集を目にしたロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)はアフリカンアメリカンです。髪型のアフロも決まっています。そんなロンは警官の仕事に大いなる誇りを持って臨んでいるのですが、しかし・・・というのが冒頭です。

ロン役のジョン・デヴィッド・ワシントンさんは初めて見ましたけれど、なかなかキレのある演技で良かったです。もちろん、バディを演じるアダム・ドライバーが最高にイイです。この人はまだ映画界に入って短いですけれど、本当に様々な役を演じ分けていてスゴイですね。何しろ最初がカイロ・レンかと思いきや、Wikipedia情報によると、もっと前から映画に出演されているんですね。全然知らなかったです。

映画が始まって最初に出てくる映像が、『風と共に去りぬ』の、有名な駅前での負傷兵のシーンなんですけれど、もうこれで、不穏感満載です。しかも、この映画はこの『風と共に去りぬ』だけでなく、もう1本のとても有名な映画も扱っていて、それが『国民の創生』なんですね・・・もう壮大な大風呂敷が広がった感しかしないです。

え~ただ、割合名作ってことになってますけれど、私は20代の前半のあるお正月に、それこそ映画が好きになり始めていた初期の頃にこの映画を観て、激しく落胆しました。どこが面白いのか誰かに教えて欲しい、と強く思ったのを覚えています。主人公の女性が、何をしたいのかさっぱり分からない上に、ヒドイ癇癪持ちに見えて、大変嫌な気持ちになりました、しかも4時間もかけて、です。そしてその評価は今も変わらず、です。曲は良いけどそれ以外はさっぱりな駄作、と、今でも思ってます、観返したら違うかも知れませんけれど、4時間あったら違う事しますね。ここまでわがままで自分勝手な主人公を据えた映画で評価されているのが全然理解出来ません。もちろん因習に纏わる女性の厳しい現実を潜り抜ける事への希望は描かれていたかもしれませんが、それも結局のところ、自分のわがままを通すために、という部分しかなくて、最後のシーンに至るまで、何処かで面白くなるんだろう、と期待していただけに、本当に時間を無駄にした感覚しか残らなかったです。でも、名作という事になってますね。

そしてもう1本の『国民の創生』ですが、こちらも名作という事になっていますが、未見ですけれど、かなりの問題作でもあると思います。あまりに有名なので、見ていないのにある程度筋を知っていますし。そして、大変人種差別的な映画でもあります。それどころか、レイシストを賛美するような映画とも言えます。

私も生きている人間ですので、自分が差別されるのは嫌ですし、誰かを差別したりしたくありません。人類学上、人間はすべてホモサピエンスでしかないですし、まして肌の色では分けられません。しかし、レイシストという人種差別主義とは少し違うかもしれませんけれど、何かを差別、軽蔑する事は、その事に劣等感を抱いていたり、他者を蔑む事で、自分を正当化したり、優越感を得るために行っている事だと思うと、自分はそうはなりたくないので、注意したいと、思っています。良く分からない物事には特に注意しないといけない事を思い出させてくれます。最近特にそういう場面に出くわす事が多くなってきたので、麻痺しないようにしたいです。人種もそうですけれど、天下国家など、大きい物事や事象を単純化する際には気をつけたいです。特に親しい人がそういった言動をとると悲しくなったり、距離を取りたくなってしまいます。

また、当然KKKを扱ったストーリィなんですけれど、なんかこのKKKの人たちが、すっごく嫌な人に、ちゃんと見えるのが怖いです。当たり前ですが役者さんが演じているので、当然演技なんですけれど、物凄く、嫌な奴に見えます。特に急進的な信徒であるフェリックスの人は、本物の人を連れてきたのかな?というくらいリアルな演技でした。そして、非常に高圧的で、自我が肥大し、その肥大した自我を埋めるだけの自信もなく、短絡的に凶行に走る様が、大変に恐ろしかったです。ここまで何かを憎む事が出来るのも、人の想像力のなせる業かと思うと、人間の可能性の負の部分を感じずにはいられません。そしてさらに恐ろしいのが、フェリックスの妻、です。この妻がフェリックスに輪をかけて、考えていないが、しかし、夫の信頼を勝ち取るために、より派手な行動を起こす、という短絡さが恐ろしいです。

特に、スパイク・リー監督作品は、常にこういう差別主義者や、自覚の無い差別者に対して、差別される側の視点を、迫害される側の肌感覚を、理解させる『気付き』に満ちた映画を撮る人だと思っていて、非常に考えさせられます。今作も、そのラストに、大変評価の別れる、ある現実の事象を差し込んでいます。

この現実の事象を入れる事で、大変ショッキングな映画に仕上がっていると思いますし、忘れられない映画になっていると思います。ヘヴィですけれど、入れずにはいられなかったと思います。

今でも、そしてこの日本でも、様々な差別があり、完全に縁を切る事が出来ない問題を扱った作品。出来れば生きている人全員観た方が良い映画だと思います。生きてる人に、オススメ致します。

アテンション・プリーズ!

ここからちょっとだけ、ネタバレしますので、未見の方はご注意下さい。

非常に良く出来た作品だと思います。閑職に回され、普段から蔑まれたロンが、その言葉で、危険な潜入捜査に加わり、迫害をする相手を言葉巧みに騙すわけですから、大変スッキリします。でも、そこで終わらせてくれないのがスパイク・リー監督作品。

最後の現実を突きつける映像が入る事によって、私はよりスパイク・リー監督作品になったと共に、このある種娯楽映画を観ながらも、現実は大変厳しく、良くはなっているかもしれないけれど、相変わらずヒドイ現実がある事を理解させて終わるのは凄いと思いました。未だに、感情をコントロールできず、他者をコントロールしたい人が、武器を手に、車を暴走させ、凶行に及ぶ世界に生きている事を思い出させてくれます。

一時の笑いも必要ですし、そもそもフィクションとしての映画という娯楽ですが、しかし現実に、リアルに、主義主張が異なるだけなのに、相手を人間とみなさない人がいる世界に生きていて、この映画を観ている、という事を思い出させてくれます。でも、一時の笑いで終わらせちゃいけない、終わらせたくない、現実を見ろ、と言ってる気がしました。そして考えろ、とアジテートしているのだと思います。

主義主張を先鋭化させると、妥協出来なくなりますが、あまり物騒な世界にはなって欲しくないです。もう少し寛容さが必要だと思いますけれど、生き延びるだけで過酷な状況になれば、ルサンチマンが溜まれば、冷静で寛容でいられなくなるのかも知れません。

また、全然知らなかった事件ですし、その悲惨さと大衆の熱狂が生み出した悲劇、ジェシー・ワシントン リンチ事件の事を知れて良かったです。歴史的な事件の場合は、様々な検証を必要としますし、現代の感覚で断ずる事は出来ません。しかし、無かった事にしないように、語り、文章や写真を伴って検証できるように記録して   半永久的に残す   事が必要なのはどのような立場の人にとっても私は共有できる知恵だと考えていました。が、どうも2019年の日本だと違うみたいですね。これでも支持できるのって結構凄いと思います、これだともう意思疎通が出来ない感じがします、まさに違う生物として考えはじめられそうです、そしてこういう所から差別が生まれるのだと思うと、私も差別主義になりかねない、とは言え言葉が通じない、という恐怖とどう向き合えば良いのか?全く考えが及びません。このコミュニケーションの断絶に、どのように対処したら良いのか?本当に恐ろしいです。

「ハイ・フィデリティ」を見ました

2019年11月30日 (土) 08:29

スティーブン・フリアーズ監督     タッチストーン

映画に詳しい1コ年上の方に強く推薦していただいたので見ました!今年も年間に日本公開した映画を36本は観ようと自分に課しているので、まだ結構足りないですし、観たい作品もいろいろあるんですが、オススメして頂いた方は、私にとっては信頼のおける方、これは観なければ、と思いTUTAYAで借りました。相変わらず、オススメ作品が凄くイイです。

ロブ・ゴードン(ジョン・キューザック)は同居中のローラが出て行こうとしている30前の男です。そして画面に向かって話しかけてきます、いわゆる第4の壁を破る演出がなされている映画です。

これは、音楽が好きな人ならタマラナイ映画だと思います。私は音楽にはそこまで詳しいわけではありませんが、冒頭にベルセバの話しが出てきて、グッと心を鷲掴みにされた感覚になりました。こういうの大好きな奴じゃないですか!しかも第4の壁を破ってくるのも、この映画にとっては向いている題材です。

しかし、大変しみったれた男の話しではあります。もしかすると、女性の方々からは、全然評価できない作品として有名かも知れません。ですが、女性にとってラブロマンスが必要であるのと同じように男性にもハードボイルド的な、いわゆる、浸る作品が必要なんだと思います。男女の間には深い河が流れていて、私は相互理解は出来ないと思っている人間の戯言なので、あまり怒らないで欲しいですけれど。

私が第4の壁を破って欲しかった映画で思い出されるのが、ジェイ・マキナニー原作、マイケル・J・フォックス主演、ジェームズ・ブリッジス監督「再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ」です。小説版は2人称形式で書かれているので、映画化する時に第4の壁を破る演出、して欲しかったなぁ、と思った事を思い出しました。いろんな人に酷評されている映画ですけれど、私はストーリィの落としどころ、あのパンの匂いまで感じられるところ、そしてマイケル・J・フォックスも良かったけれど、何といってもキーファー・サザーランドのヤッピー感がすさまじかったので大好きな映画です。良い映画だと思うんですけどねぇ。

閑話休題

ロブ・ゴードンの過去の女性遍歴について、思い出し、考察し、それと共に音楽がかかる、という大変ロマンティックな映画とも言えますし、同時に大変厳しい現実も見せてくれます。

レコード店の店員であるバリー(ジャック・ブラック)とディックの凸凹コンビも、凄くいい雰囲気を醸し出していて、常にアッパーでオプティミストなバリーと、常に内省的でペシミストなディックの、2人の音楽の好みと、彼らの行動、主人公ロブに対する態度を含めて、とても面白かったです。ああいう職場なら、私も働きたいです!

しかし、フラれた男が、何年も経って、過去に付き合った事がある女性を訪ね、何故フラれたのかを教えてくれ、と詰問されたら、普通は、怒っていいと思います。もちろん主人公ロブの精一杯の、大人な対応、友人として意見を求めるかのような、でも自身の存在意義を含めた限界ギリギリ感も相まって、女性とも会話が成立する感じは、大変好ましいモノを感じました。きっと、こういうのは男性の夢のような感覚、それこそロマンティシズムなんだと思います。あんまり褒められた行為ではありませんけれど。

また、順位をつける、というのも甚だヒドイ行為と揶揄されても仕方ないんですけれど、あくまでこれは映画、人の心の声、と思えば、誰しもおそらく経験があるはず。そんなところも面白く、心許せる仲間同士の酒の肴としては、かなり濃密になると思います。

さらに、そこに音楽の話しまで加われば、それこそ一晩くらいは続けられそうです。そういう意味で男性的な映画。

1番引っかかった飲み込みにくい展開は、あるお葬式の後の車のシーンです。本当にこんな事ってありえます?でも、ありえないからこその、ロマンティシズムなんでしょうね。

音楽が好きな方、あるいは映画「(500)日のサマー」マーク・ウェブ監督作品、そしてジョセフ・ゴードン=レヴィットの眩しい演技が観れる良作、が好きな方に、オススメ致します。

ブログカレンダー
2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ