井の頭歯科

「OPPENHIMER」を観ました

2024年4月19日 (金) 09:30

クリストファー・ノーラン監督     ユニバーサル     池袋グランドシネマサンシャインIMAXレーザーGT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は6/34
やっと日本でも劇場公開されました。クリストファー・ノーラン監督作品ってだんだんと格式高いものになってきてますね。確かに、うちの国は原子力爆弾の被爆国ですけれど、これ、映画作品で、原子力爆弾の製作に関わった人物の1人であるオッペンハイマーの伝記映画ですよ??なんで普通に公開されなかったのか?個人的には不思議です。
えっと、最近の例ですけれど、NHKのBSでスタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(一応原題だと Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb )」を放送してましたけれど、キューブリックは良くて、ノーランがダメな理由がワカラナイです。多分気分の問題でしょうけれど、もう本当にこういうのは嫌ですね・・・嫌いだし頭が悪いと思います。
映画の本質とは何も関係ない話しでした、すみません。
雨が降っていて、水面に波紋が広がっていきます・・・物理学を専攻しているオッペンハイマー(キリアン・マーフィー)は・・・というのが冒頭です。
いろいろ象徴的な立場の人ですし、原作があるのですが読んでないのでちょっとどのような改変があったのか?ワカラナイですし、時系列をかなりいじっていて、それは多分、過去のどの場面で、このような選択をしたから、今、この立場になっている、というのを示す為だと思われます。
だから凄く分かりやすくなっているとも言えますが、如何せん、話しがあちこちの過去に飛ぶ上に、登場人物がめっちゃ多いので、この辺の整理が頭の中で出来てないと、咀嚼に時間がかかると思います。もう少し勉強してから観れば良かった・・・せめてマンハッタン計画に関わる人の名前だけでも憶えて行けば良かった・・・
さらにもう1つは、裁判のような形式、正確に言うと、1つはオッペンハイマーの資質、というか共産主義者かどうか?に関連するマッカーシズムの聴聞会で弁明をしている場面と、さらにオッペンハイマーをマンハッタン計画に呼んだストロース(ロバート・ダウニー・Jr)を商業大臣として認められるか?を確認するための公聴会の場面があり、それも同時に進んでいくために、結構分かりにくい感じになってると思います。
基本的には、オッペンハイマーの非公開聴聞会と、ストロースの公職に就くための公開公聴会の場面があり、それぞれに重要な場面で、過去を振り返るわけで、しかも、この非公開聴聞会のピークと、公開公聴会のピークを揃えようとしているので、そりゃその方が確かに映画のピークにはなると思うし、サスペンス要素も加わるから、映画的ではありますけれど、分かりにくくはなるよな、とも思いました・・・凄く言い方もくどくなっちゃう。
しかも、ストロース公聴会が現在時間軸はカラー、ココからオッペンハイマー聴聞会は過去の出来事なのに、カラー、でも過去の重要な場面だとモノクロになったりするので、このモノクロとカラーがちょっと1回観ただけだとどういう理由で分けたのか?分からなかったです・・・多分ちゃんとした理由があると思います。
それと、IMAXで観たのですが、映像の解析度の強さも確かに凄いんですけれど、それよりも個人的には音圧。音の圧力に完全に持ってかれました。これもしかすると、IMAXよりもドルビーアトモスとかの方が良かったのかも。
みんな何となく知ってる、第2次世界大戦、それもアメリカでナチスが原子力爆弾を作っている可能性があり、ナチスにそんな危険な爆弾を持たせるわけにはいかない、いつか人類が手に入れるとしてもナチスだけはマズい、という事から始まったマンハッタン計画におけるオッペンハイマーの評伝です。伝記映画です。そして、もちろん、オッペンハイマー含む科学者たちはかなり後悔しています。でも、その時はこうだった、といって責任を逃れるわけにはいかないのです。
もし、アメリカに生を受けて、科学的な知識や論理が際立って優秀だった場合、「マンハッタン計画に名前が上がっていた場合、これを避けるのはかなり難しかったと思います。科学者の中でも、かなり温度差があるとは言え、ユダヤ人であり、ナチスに対抗するために、積極的に関わったのが、オッペンハイマーです。
そういった人物の伝記映画です。これは世界中の人が観るべき映画だと思います。
役者さんはどなたも素晴らしく(約1名はちょっと、とは思いましたがネタバレありの感想で)、しかも豪華賢覧です。とは言え中でも、キリアン・マーフォー、ロバート・ダウニー・Jr、フローレンス・ピュー、そしてベニー・サフディは別格に良かった。特に、フローレンス・ピューは恐ろしいまでの存在感・・・何なのこの子の出演作全部凄いってドユコト?って思います。凄くいろいろな監督に愛されてるんだと思う。
そして撮影も恐ろしくクリアで、焦点がいろいろ合い過ぎてて怖いくらいです。
その上を行ったのが音圧と音楽。これは肌感覚で、音に包まれる感覚で、今までの映画体験の中で1番凄かった。
これを観て、何を感じ、何を考えるか?きっと様々で正解は無い。監督には製作の動機、見せたい風景、音、いろいろあるでしょう。聞けば教えてくれる監督もいるとは思いますが、基本映画を観てくれ、としか言いようがないと思います。言いたい事は全部映画の中に込めていると思いますし、それをわざわざ監督に言葉にさせるのは、ちょっと上品とは言えないし、聞けないのが普通の人だし、そう言うモノだと思います。だから自分で感じ取った物が自分の正解だし、他者と話して感想が変わる事、あると思います。それでもいいと思うのです。もちろん映画評論家のような人の監督へのインタビューとかは有り難く聞きますし読みますけれど、別にそれが正解じゃないと思います。監督だってその時の気分で答えが変わる事もあると思いますし。
ただ、オッペンハイマー個人の人柄というか性格、ちょっと褒められたものでは無いとも思うし、とは言え、仮に共産主義者だったとしても、国籍を奪えるはずもないとも思います。しかも、共産党員は犯罪者ならいざ知らず、ただ共産党員だったことが罪に問われるのはオカシイと思います。それに、共産党を庇うつもりは毛頭ないけれど、心の問題、実際に映画の中でも、主要登場人物の発言にある通り、非常に大きい力を持つ爆弾という、人を傷つける装置を作る事を拒否する人もいます。心情や信仰を罪とするのはオカシイと思うのです。
時間の経過とともに、常識は変わっていきます。ナチスを相手にしていた時は開発が必要だったのだろうけれど、降伏したら必要が無くなった。しかし、まだ日本が抵抗している(けれど時間の問題でもあった)し、冷戦がはじまる直前ですし、ソビエト連邦をけん制したい。常識は変わるし、未来は見通せない。でも、今、決断しなければならない。その決断に責任を負わなければならない。そういう人の話し。
決断を迫られた事がある人に、今の地球で生きている人にオススメ致します。
アテンション・プリーズ!
ここからはネタバレありの感想です。未見の方はご注意を。
ネタバレありとしては、やはり、オッペンハイマーという人が、凄く不思議・・・二面性どころか三面性ある感じです。そして、その軸になるモノが、希薄な気がします。
物理理論が得意だけれど、実験は苦手。ホームシックに罹ったから、教授の食べる可能性がある林檎に青酸カリ・・・ちょっと何を言っているのか分からないくらい、支離滅裂ですけれど、強い自己顕示欲の表れ、と言えるかもしれないが、不安定。
共産主義者とも話し合える懐の広さもありつつ、党員にはならない。
自分を引き上げてくれたストロースに対して、卑しい靴売りなどという凄く失礼な発言を、何とも思ってない辺り、非常に居丈高で、権威を持っている自覚が乏しい上に、配慮は全くないので、恨まれて当然だとも思うけれど、この人は他人の感情なんか考えてないので、自業自得。そのくせに、何故か自分は大切にされると思い込んでいて、そういう都合の良さがある・・・
学校の中で生徒を巻き込んで、急に組合を作り出そうとして見たり、それがいかに稚拙でどう見られる事になるか?という視点が欠如している割に、助言があればすぐに止める・・・そこまでの信念があるように見えない・・・
その上、女性に対しても、複数と割り切った関係を結べていて、それなのに、大人の女性の振る舞いを強要しつつ(自分の弁護の時だけ・・・)、自分にとっての大切な人が亡くなったと知ると、荒野で半べそ・・・いくらなんでも・・・
軍服を着てみたり、脱いで科学者然として見たり、とは言え統括はしているけれど、実際の所、自分で専門的な何かを作り出している訳では無い。もちろんリーダーシップがあるとも言えるけれど、傲慢とも言える・・・
さらに、公職に就き続けるべきだと思っている・・・もしかすると身の潔白を示そうとしているだけなのかも知れませんけれど、何を考えているのか?が凄く分かりにくい。
それでも、ナチスだけに原子力爆弾を作らせるわけにはいかない、恐ろしい事になる、という事だけは信念に感じました。それは誰だってそう思う。
で、そこだけは覚悟があるように感じましたが、その先はあまり覚悟を感じられなかった。そして原子の佇まいを想像して、そのエナジーを、震えを、幻視している・・・想像力のなせる技・・・そのくらい物理学に才能があると、感じるモノなのか?全然不明ですけれど、この映画の描写としては、上手いと思います。常に原子のゆらぎを感じ続けている人生、恐ろしいです。だから、心ここにあらず、みたいな感覚がある。
もう1点は、水素爆弾について、開発に反対している事には、ある種の信念に近いものを感じました。
オッペンハイマーは原爆の父ともてはやされ、TIME誌の表紙にまでなっているのに、原子力爆弾の被害のスライドには眼を背けているわけです。それは本当に心からの逡巡があるわけではないようにも見えますし、どう解釈するか?は観客次第な気がしますが・・・
ストロースの芝居がかった、自分の種を蒔いておいて、映画の冒頭では知らんぷりしているのは、映画の構造上仕方ないのかも知れないけれど、あまり上手くは無いと感じました。
それとマトデは本当にこういう奴だと思ってるし、イヤな奴だな、その食べ方も下品、と思いました。何でこんなにこの人の事が好きになれないのか・・・
もしかすると、フローレンス・ピューが演じた、ジーン・タトロックは自殺じゃなくて、一瞬黒い手袋はめた手が映った気もするし、あんな恰好での自死を選ぶの、違和感あるし、どうなんでしょう?と思いつつも、とにかく凄い存在感と吸引力がある、正直全然顔もスタイルも好みですらないというか、基本的に嫌いな範疇に入るのに、なんでか、目を持ってかれる感覚があって、本当に不思議。同日のこの後同じIMAXレーザーGTで観た「DUNE part two」でも出てきて、なんか妙にザラっとした存在感で、凄かった・・・
それとベニー・サフディの、そういう人感が本当に凄い。この人は監督もするのですが、最近は役者の仕事が凄くて、ちょっとこういうキャラクターの役全部やって欲しってくらいの感覚がありましたね・・・英語訛りの感じもなんかイイ。英語の発音なんか全然ワカラナイのに、何故かこの人は訛っている、と分からせるの凄いと思う。
全然気づかなかったけれど、パンフレットで知った、アインシュタイン訳が、トム・コンティで、ってことはミスター・ローレンスな訳で、びっくり・・・年齢を感じる・・・
それに、デイン・デハーンまで出演していた事に、全然気づかなかった私の目はふしあななんで、私の感想もふしあなだらけだと思ってますし、思ってください。
衣装も素晴らしかった。それぞれのスーツ、本当にいい生地、テクスチャーを使っているのが分かるし、ネクタイや帽子というスーツ周りのアイテムの使い方含めてチャーミング。
最後に、原子力爆弾と水素爆弾の違いや製作の仮定は知れて良かったし、仲間で科学者のイジドール・ラビが言う「300年物理学が発展してきて最後が爆弾に帰結するのは悲しい(正確なセリフでは無いですけれど、私にはこう聴こえた)」という言葉が最も響いたです。
あと、ジョン・フォン・ノイマンが出てこないのはちょっと、と思いましたが、この人が出てくると、どう考えてもオッペンよりもヤバめの人なので、主役なのに喰われてしまうので仕方ないのかも。
日本でこそ公開しなきゃいけなかった作品。

「異人たちとの夏」を観ました

2024年4月16日 (火) 09:25

大林亘彦監督     松竹     U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は5/33
昨年亡くなられた日本が誇る脚本家の1人である山田太一さん原作、大林亘彦監督の映画です。公開当時1988年は見逃していて、初めて観ました。そして、なんと、2024年4月19日に、あの、アンドリュー・ヘイ監督がリメイクして公開する、という情報を聞いたので。アンドリュー・ヘイ監督は「荒野にて」しか観ていないものの、絶大な信頼が置ける監督だと思ってます。なので、期待しか無いのですが、一応過去作を履修しようと思って。
病院で看病する人を撮ったビデオを早回ししながら確認しつつ電話に出る脚本家原田(風間杜夫)は間宮(永嶋敏行)へ、演出の不満を漏らしているのですが・・・というのが冒頭です。
これは、山田太一原作の映画化、という部分と、大林亘彦映画、という攻めぎ合いのようなものを感じます・・・凄く、不思議な作品。
でもちゃんと、山田太一さんの良さも、大林監督の良さも、ちゃんとある。
まずキャスティングが今観ると、これで良かった、と言い切れる気がします。でも、1988年だったら、多分違う感覚があったと思う。でも、今観ると、風間杜夫、片岡鶴太郎、秋吉久美子、名取裕子、そろぞれ、確かに持ち味を感じさせる。そう言う意味では、これは大林監督の映画。
ラスト辺りのアレも、どう考えても大林監督作品でしかありえない感覚。その前にすんごくイイ食事お別れシーンやってるのに、それなのに、え!!!っていうくらい、めっちゃ変えてくる。流石。子の頃はまだ大林亘彦監督、お元気だったんだろうね。
演出もキャスティングも、凄く山田太一さんっぽくないと言えるけれど、テレビドラマの山田太一さんというよりは、小説家の山田太一さんぽいです。私が読んだのは「飛ぶ夢をしばらく見ない」くらいですけれど、シナリオは「ふぞろいの林檎たち」ⅢまでとⅤを読みましたし、「岸辺のアルバム」はシナリオ読みました。でも、シナリオというよりは原作、という関わり方なのかな?と思います。
そして音楽は多分山田太一さんの趣味なんだと思います、それに合ってると思います、プッチーニ。
秋吉さんも名取さんも、凄くキャラクターの芯を捉えた演技をされているので、凄く良かった。何と言っても、そんな人いますか?というキャラクターを演じている名取さんの凄みは感じますし、秋吉さんの、お母さんなのにコケティッシュという相反するキャラクターってちょっと難しすぎると思うんですけれど、それが良い意味で、リアル。ちょっと凄い。
しかも片岡鶴太郎をここに連れてくるの、かなり異質感あるんだけれど、でも、悪くないんですよね、びっくり。
凄く、凄く、今半別館ですき焼きを食べたくなります。
すき焼きが食べたくなりたい方にオススメします。
さて、和風はこういう事になるし、大林亘彦監督だから、と言う意味で理解出来るけれど、アンドリュー・ヘイ監督が、あの繊細なタッチで、演出で、どう映画化しているのか?期待してしまう。

「DUNE part own」を観ました

2024年4月12日 (金) 09:22

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督     ワーナーブラザーズ     U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は5/32
私は1970年生まれなので、どうしても、15歳の時に観た「デューン/砂の惑星」、そして大学時代にどっぷりハマってしまった「ツインピークス」のデビッド・リンチ監督に恩義があり、どうしてもリメイクの話しに上手く乗れませんでした・・・1985年公開「デューン/砂の惑星」の衝撃は大きかったですし、原作は未読ですけれど、ポール・アトレイデスといえば、カイル・クーパー捜査官・マクラクランな訳です。たとえ、ホドルスキーが駄作だと言っていても、私が丸の内ピカデリーで観た興奮、翌週くらいに観た「ネバーエンディングストーリー」と共に、忘れられないわけです。
それにドゥニさんの「灼熱の魂」もとある理由で全然乗れなかった作品なので、確かにそつがない監督だとは思いますけれど、そこまでの思い入れはありません。
ですけれど、あまりにpart twoの評判がよく、そして出来るならIMAXで観たいと考えるに至り、一応、全然話しは進んでいないらしい、というくらいには情報を知ってしまっていたのですが、履修しておこうと思って観ました。
10191年砂の惑星アラキスではスパイスを搾取している皇帝配下のハルコネン男爵が去り、アトレイデス家が次の統治者としての命を受けるのですが・・・というのが冒頭です。
ええええ!凄くイイじゃないですか!
世界観といい、まぁCGなんでしょうけれど、宇宙船とか飛行機というか羽ばたき機という造形も良かったですし、全体的な見え方見せ方、凄く映像作品として進歩してる!確かにこれは凄い。もちろん当時のデビッド・リンチの頑張りが、相当凄い事だというのは理解出来ます、これを観る事によって。でも、確かに素晴らしい映像美だと思います。サンドワームについては、リンチ作品の方が好みですけれど、ちゃんと巨大さが分かるし、砂に沈み込む描写は新しいですし、進化してる!
キャストも凄く豪華です。まず主演のティモシー・シャラメさんの美貌は、最近の万人受けするスター俳優という立ち位置で言えば、これは新たなハリウッド・スターと言って良いのではないでしょうか?もうずっと前からハリウッド・スターだとも言えますけれど、映画が好みの趣味じゃない人にも浸透したのではないか?とも思います、特に日本で。だって、その前の有名なハリウッド・スターって誰でしょう?もしかすると、レオ様くらいまで空いている気がします・・・体感ですけれど。もちろん、人の好みの問題もありますけれど、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがどんなにカッコイイと思っていても、ハリウッドスターではない気がしますし、ライアン・ゴズリングは苦労人のイメージが強くありますし。多分、通称とか、ニックネームとか、何故か簡略化した名前が付いた時に、うちの国の人口に膾炙した、と言える感じになるので、それって本気で、レオ様とかブラピとかになっちゃうわけです・・・若手で顔がイイというのは貴重ですし、絵になる、というだけで貴重。これからも、頑張って欲しいけれど、「DON’T LOOK UP」みたいな作品にも出て欲しいです。
そして、全然期待してなかったけど、レベッカ・ファーガソンが結構良かった。リンチ版だと、それほどの印象を残すキャラクターじゃなかった気がしますけれど、とにかく運命に恵まれているおぼっちゃんであるポールを庇護下に於いている、謎の母親って感じで、原作読んでないだけに、この部分の関係性が良く分からないのですが、不穏感と過保護の曖昧さがあり、なんだかイイ感じだったと思います。これはpart twoでひっくり返るかも知れないですけれど。
それと、やはりオスカー・カードカウンター・アイザックの、冷たい視線最高です。もうすべてを受け入れる気満々で、その上覚悟も決まってるというか、決まり過ぎている感じが、渋くて最高です。お父さんにしては若いけれど、まぁ、いいでしょう。
それとやはり1番良かったのはダンカン役のジェイソン・モモアです。ポールとダンカンのバディ感だけで、もう最高です。ジェイソン・モモアさん、私は初めて観たのですが、存在感と体の大きさすげぇ。もう背中を預けられる感、最高。この手の人はマ・ドンソクさん含め、好ましいキャラクターの人多いですけれど、その中でも華があって愛嬌があるの、ズルいです。今後も注目したい。
それと、ハルコネン男爵の甥をこの感じの人にするのは、逃げともいえるけれど、正解な気がします。だってだれもスティングには勝てないし。ただ、ハルコネン男爵はもっとイボイボにして欲しかったなぁ。
そしてヒロインのゼンデイヤ、この人も引っ張りだこですねぇ。そして凄く、フレメンっぽい。青い瞳も似合ってる。キャスティングいいですね。
で、全然話し進んでないじゃないか、という声理解はしますけれど、これすっごく良かったと私は思います。起承転結で言えば、ちゃんと起承までは行ってると思いますし、ラストにちゃんと仕掛けがある、ちょっとしょぼいとも言えるけれど、ちゃんとある。
なかなか素晴らしいリメイク映画、だと思いました。あくまでリメイク。現代風にちゃんとなってる。しかし、それこそ、これは、リンチ版があったからこそ、なわけです。確かに、興行的にも失敗だったかもしれないし、ホドルスキーにも酷評されたかも知れないけれど、15歳の私には凄く新鮮な映画体験だったので、それで十分です。
とは言え、観ないよりも観て良かった。part2楽しみなんで、これはIMAX行こうと思います。
リンチ版最高なんで観なくていいや、と思ってる人にオススメ致します。

「Lover,Stalker,Killer」を観ました

2024年4月9日 (火) 08:56

Lover,Stalker,Killer

サム・ボブキンソン監督     Netflix
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は5/30
Netfliのドキュメンタリーなので観ました。ドキュメンタリー作品がすべて真実味があるか?というとそんなことは無いのですが、アメリカの警察!とは思いました。
911に電話がかかってきて、撃たれた、という女性の通報。ニュース画面で伝えられる検察の主張は・・・というのが冒頭です。
いわゆる、ストーカー犯罪のドキュメンタリー。
ある男が離婚を経て、35歳でシングルとなり、そこで出会い系サイトを使う事にします。
出会い系サイト、凄いネーミングですね・・・なんか、無理やりなんとか日常の出来事に落とし込もう、というつまりこの言葉を作った人も、ある種のうしろめたさを感じているのではないか?と感じます。出会い系サイト、強い言葉ですね・・・使った事が無い、というか、とても個人の感想ですけれど品が無い・・・
ま、アメリカだと35歳で独身だから使う人もいるのだと思います。で、そこで出会った人と意気投合して、付き合うわけではないのですが、この男はその後、また出会い系サイトで別の女性とも同じ様な事を繰り返します。
この後、ストーカー行為が始まっていくのですが、このストーカー被害に遭うターゲットは男性なので、女性が加害者の可能性が高いわけで、という感じで、早い段階でなんかアメリカの警察!と思いました・・・
もっと早く気づけたと思いますし、疑ってみるべきでしたよね・・・その結果が、びっくりするんですけれど、被害者、殺害現場、死因、遺体が存在しない裁判になるわけです・・・
えっと、これはなかなかな事件ですけれど、状況証拠(とはいえログは間違いない証拠ではあると思いますけれど)で判決まで持って行っています。
う~ん、考えさせられますね・・・
ラバーという単語からLover、じゃなくRubberを連想していました・・・うちの業界にはラバーダム防湿、という言葉があって・・・
ネタバレには当たらないと思うので、しかも映画内であまり言及されないから、付け加えておくと、「母」という字のタトゥーが、チラリとだけ出てくるのですが、これが大切です、お見逃しなく。
アメリカの男性や女性に興味のある方、犯罪に興味のある方にオススメ致します。
うちの国のそのサイト、どうなっているのでしょうか、とか考えるのは怖いので止めておきます。

「ケロッグ博士」を観ました

2024年4月5日 (金) 09:25

 

 

アラン・パーカー監督     コロンビア     Amazonprime
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は4/29
Amazonprimeからオススメしてもらったんですけれど、これは確かに私の好みです。全然知らなかったですよ、恥ずかしながら。これ1996年公開映画です。めちゃくちゃ豪華な俳優陣ですし、何と言ってもアンソニー・ホプキンス主演ですよ!しかも、ブリジット・フォンダ、マシュー・ブロディック、ジョン・キューザックに、ララ・フリン・ボイルに、マイケル・ラーナー!豪華すぎる!
その上1880年代くらいのアメリカ社会を舞台にしているので、ちょっとした歴史モノでもあり、かなりブラックなユーモアを交えています、ハッキリ言って、パイソンズです。製作にパイソンズが入っていても全然驚かないです。
実在の人物であり、みんな知ってる朝食のコーンフレークであるケロッグを開発した、ケロッグ博士のおかしな信念を、悪意モリモリで製作した映画、サイコーに笑えます。
突然笑いだす女性のアップから始まり、たくさんの列になった女性が音楽に合わせて笑ていると・・・というのが冒頭です。
凄く、悪意を持って、映像化しているのですが、事実、このケロッグ博士の非科学的な健康器具や、健康法が凄く現代的な視点で見ると笑えます。ある種の強迫観念と言いますか、ギャグで言われる「健康の為なら死んでもイイ」を実践しているのが、本当に面白いです、不謹慎だけど。
とにかく、実在のケロッグ博士はどういう人なのか?不明ですが、かなり怪しい医学根拠を並べ立て、聴衆の不安を煽り、自らの健康法を守れば大丈夫だと言い切る様は、現代でもいる詐欺師の手口そのものです。ですが、ケロッグ博士が自らを信じていますし、記者や崇拝者で固めているので周囲にはイエスマンしかいません。かなり危険な状況を作り出している人物なのですが、その健康法や健康器具を使う様が滑稽であり、本当に笑えます。
アラン・パーカー監督作品は「エンゼル・ハート」「ミシシッピー・バーニング」「ザ・コミットメンツ」と3本ほど観てますが、こんなにブラックジョークな作品を観た事が無かったので驚きました。でも、これはイングランド的なジョークともいえるのかな?とも思います。ドタバタも上手いですし、これだけのキャストを揃え、なおかつ、かなりたくさんの俳優やスタッフが必要で、歴史モノでもあり、コスチュームにもお金がかかっています。
ヒットしてたら良いのですが、日本だとどうでしょうね、好きな人もいるとは思いますが、難しかったんじゃないでしょうか。
しかしアンソニー・ホプキンスがめっちゃ楽しそうに、奇人を演じていて、そこは幸せな気分になります。絶対なんか口に入れながら喋ってると思う。これからはアンソニー・レクター&ケロッグ博士・ホプキンスというミドルネームで表記したい。
この頃の医学に対する考え方みたいなものが理解出来るのも興味深いですし、なにより今現代(2024年)でも同じように、ちょっとした健康食品をテレビ番組で紹介されると、急に売り切れる事を考えると、全然進歩してないのも理解出来るのが本当に人類が進歩しているか?を疑いたくなるので、大変客観視出来て良い作品。
しかしホモサピエンスの臀部ばかり見せられると、なんだか笑いを通り越して、アンニュイな気持ちになっていくのが不思議。それと裸体って全然エロくはないんだな、と思いました。
健康に興味のある方に、不謹慎な笑いに興味のある方に、オススメ致します。
ブログカレンダー
2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ