井の頭歯科

「ポゼッション 40周年リマスター版」を観ました

2020年1月31日 (金) 08:40

アンジェイ・ズラウスキー監督     スティングレイ

吉祥寺アップリンクに、イザベル・アジャーニが!?という だけ で特に予備知識も無く観てきました。40周年HDリマスター版です。

もちろん初見の監督アンジェイ・ズラウスキー・・・・なんなんでしょう、この感覚は。

単身赴任から帰ってきたマルク(サム・ニール)は、妻アンナ(イザベル・アジャーニ)といきなり口論になります、不穏感満載の冒頭です・・・

う〜む、と唸りたくなる作品、めちゃくちゃ評価が分かれそうです。とは言え、良い部分もたくさんあるし、古臭い部分も、冗長な部分もあるし、判断に迷う作品だと思いますが、ある種の層には狂おしいほどに好まれる作品だと思います。

まず、なんと言っても、イザベル・アジャーニが可愛く、美しく、妖艶で、狂気に満ちています。良くこの脚本で引き受けたな、という印象です。とある地下鉄の回廊での1人演技は、超絶恐ろしいです。狂気が乗り移ってる、というよりも、狂気に乗り移られてる、乗っ取られてるというような感覚があります。また、1人2役なんですけど、2役目は大変に可愛いく理想化されていて、その演じ分けだけでなく、演出も素晴らしいです。画面支配力といいますか、観客の目を惹くチカラに長けている感じです。可愛いだけじゃない、何か、が確かにあります。個性的な役者さんなり、役者さんだけでなく、どんな表現者にも共通する、99%の努力と1%の悪魔との取引が出来る人、そんな感じの何者にも代え難い存在。また、この時だけの、若者の持つ輝きに満ちていて、素晴らしいです。

もちろんもう1人の主役、サム・ニールも頑張ってますし、身体張ってます。

また、大変衣装が、重要な演出されていて、そこも私は良かったです。

さて、脚本なんですが。これ、いや、この作品は、どんなジャンルに分けられるのか?ジャンル分けなんてない、イイ映画と悪い映画があるだけだ、という主張が聞こえてきそうな作品です。もちろんサスペンス、スリラー、ホラー、どれでも良い感じで、そのどれでも無い感じです。

ただ、どっちつかずになってしまっている印象持ちます。もっと悪魔要素に振り切っても良かったんじゃないかな?と思いました。ただ、だとすると、もう少し最初の方で宗教色を出しておきたかったですね。

また、この40周年HDリマスター版は、もしかして、基の版と変えているんじゃないか?と思います。ファイナルカット的な。どうしても、手数が多い気がするんです。あれもこれも、せっかく撮ったんだから、使いたいな、入れたいな、ファンは喜んでくれるんじゃないかな、的な判断で作られているような。

正直、面白くなる作品だと思うし、役者も音楽も衣装も良いんです。私の好みと感じる部分たくさんあります。

はっきり、編集に問題がある、気がします、私は。もっとソリッドに、タイトにしたら、名作になってたんじゃないのかな?と思う次第です。もちろん、この雑多な感じが、 アンジェイ・ズラウスキー監督の良さなんじゃないか!というお叱りはあるかも、ですが。何分不勉強なモノで。

不安感の煽り、狂気のほとばしり、悪魔の実在感、どれも良かったと思います。

ミッキー・ローク主演、アラン・パーカー監督『エンゼル・ハート』が好きな方(なんかコレだけでネタバレ感ありますが)、ロマン・ポランスキー監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演『反撥』をもっとデモニッシュしたものに興味がある方に、オススメ致します。

あ、いつも思うけど『反撥』の邦題は『嫌悪』の方が面白いと思うんだけど。

Leave a Reply

ブログカレンダー
2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ