井の頭歯科

「THX-1138ディレクターズカット」を観ました

2024年7月5日 (金) 08:49

 

ジョージ・ルーカス監督     ワーナーブラザーズ     U-NEXT
2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は17/64
本当はBLACKHOLEの特集に合わせてコッポラ監督を追いかけたかったのですが、そう言えばジョージ・ルーカスのデビュー作「THX-1138」観てなかったけど、U-NEXTさんならあるかも、と思ったらありました。流石!
モノクロ映像でバック・ロジャースなるタイムトラベルが出来る未来の人だが普通の人間の活躍を描く映画の紹介が始まるのですが・・・というのが冒頭です。
この冒頭シーンは謎。
恐らく近未来の、非常に「1984」を思わせる管理社会で生きるTHX-1138(ロバート・デュバル)が精神的不安を感じているのですが、思いっきりテレスクリーンっぽい洗面所の鏡の中の棚を覗くたびに作動する仕掛けがあります。
今まで観てきた近未来モノの中でも好きな要素が詰まってて、なるほど、と感心です。衣装とか音楽とかも凝っていますし、低予算ながら近未来に見えます。
エトラセンだのソモス3だとか、言葉のチョイスにもセンスを感じます、なにしろ1971年の映画ですし。
基本的に暗い映画が好みで、しかもディストピアの世界。いや現実が十分にディストピアなんだとも感じているんですけれど、それだけではなく、現実の批判としても受け取れる部分が好ましいと感じます。
ラストもイイ。
LUH-3417も良かったし、SEN-5241も素晴らしかった。SEN-5241 はマトリックスのサイファーの原型とも言えますし。
ロバート・デュバルはイイ映画に出てますねぇ。
近未来映画が好きな人にオススメします。
ブログカレンダー
2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ