井の頭歯科

ハンズオンセミナーに参加してきました。

2013年7月19日 (金) 09:24

武蔵野市歯科医師会の学術講演でのハンズオンセミナーに参加してきました。

内容が歯内療法という歯の神経の病気に関するものであったので、昔大学病院の講座に非常勤勤務医として参加させていただいたのが歯内療法学講座だった私はとても興味がありました。

日本ではまだ手で扱う器具(ファイルと言います)を用いて歯の根の中(かつて神経や血管組織が中を満たしていた部分)の内壁部分に存在している細菌や汚染物質を削り取るのですが、アメリカの専門医(アメリカは歯科の中でも専門医が多数存在します)ではほとんどがマイクロスコープを用いたうえに機械的な根幹拡大形成を行います。その機械の紹介と実際に触らしてくれるというので参加してきました。当時(もう大学病院に行かせていただいていたのも10年近く前の話しですが・・・)からすると少し改善され進歩も感じられましたが、基本的な部分は同じでした。

透明な樹脂の中に湾曲した歯の根の中を想定した穴を作っておいて、その部分を綺麗にするのを機械的な操作で行います。ちょっと専門的になりますがいわゆるクラウンダウンというテクニックで行います。私もそうですが日本では主流の手でファイルを使用して綺麗にする場合に行うステップバックとは異なる方法でその中を綺麗にしていきます。非常に弾力性に富んだフレキシブルなニッケルチタンファイルを用いての方法です。私も早速拡大形成してみました。

かなり綺麗にできましたし時間も早かったです!というのも以前所属していた講座ではこういう機会がとても多かったので割合器具の扱いに慣れていたからなんですが(笑)

日本でもこの方法を用いられている先生方もたくさんいらっしゃいます。私はどちらの方法も良いところがありますし、欠点もそれぞれ抱えていると思ってます。連携を取りながら、そろぞれの欠点をカバー出来れば、紹介しあえれば問題は少ないと思います。さらに突っ込んだ専門的な話しになれば、根管系をすべて綺麗にするのはかなり困難な課題だと私は思っているのです。

ここ数日ちょっと体調を崩して風邪をひいてしまい、咳が出る中の診療になってしまっていて、患者さんにはご迷惑をおかけしています。夏風邪、流行っているようですので皆様も健康には十分ご留意くださいませ。

Leave a Reply

ブログカレンダー
2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ