井の頭歯科

福岡でセミナーに参加してきました。

2014年7月22日 (火) 09:12

連休に福岡で行われた「食」と「教育」に関するセミナーに参加してきました。

今後は武蔵野市歯科医師会でも「食育」に関連した(昨年今年の「よい歯のための集い」でも行ってきています)分野にも力を入れる事になると考えておられる方もいらっしゃいますし、前会長である辰野先生にお誘いを受けて参加してきました。

1日目は西日本新聞社で行われ、教育委員会もお勤めになられた牛島先生や「弁当の日」の考案者であられる竹下先生等様々な方の講演や取り組みの報告を聞き、2日目は九州大学で行われた「自炊塾」にも参加してきました。

メモを取ったのですが、あまりに知らない分野でしたので、メモがびっしりになりました。

子供の体温低下による弊害(免疫力の低下)、心理学者マズローの欲求の5段階(生理的欲求や安全的欲求だけでなく人には尊厳的欲求を満たされないと自尊心が生まれない事)、スキャモンの成長曲線の意味(何故リンパ系は子供の頃に100パーセントをはるかに超える数値が必要であるのか?)、等々、非常に興味深い内容でして、教育の難しさを痛感します。刷り込まれる事のある意味怖さについても実感が湧きました、繰り返す事で間違った刷り込みを与えると人間的な感覚を持ちにくく「適応」してしまうことの怖さは、良かれと思っての行動が引き起こす弊害とも言えます。また、だからこその教育の重要性が理解出来ます。

2日目は九州大学です。

大変暑い中での講演でしたが、感動的な話しも多く、真剣に教育に取り組むとはどういうことか?というのを考えさせられました。次世代に何を残すのか?継続すべき点は何か?理屈だけでない部分を考える事に繋がる部分が大きく、普段使わない頭を使っている感覚になりました。

楽しくついやってしまう事が積み重なった結果、健康にも精神的にも役立つことこそ教育なのだ、という教えが今回のセミナーを受けて最も目から鱗が落ちる言葉になりました。

ブログカレンダー
2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ