井の頭歯科

「ドゥ・ザ・ライト・シング」を見ました

2020年6月19日 (金) 09:21

スパイク・リー監督      ユニバーサル映画

Netflixに上がっていたので、多分30年ぶりくらいに見返しました。

とんでもなく、忘れて、都合の良い感じで、頭で話しを組み替えていた事に気付かされる、驚愕です。

ブルックリンのピザ屋。そこでデリバリーとして働くネイティブ・アフリカンであるムーキー(スパイク・リー)はピザ屋一家の経営者イタリア系のサルに使われる立場。向かいにはコリアン系が経営するストアがあるが、まごう事無き黒人街で・・・というのが冒頭です。

凄く哀しいです。なんか、もっと明るくある種のハッピー感があると思ってました、というかそういう風に記憶が改ざんされてました・・・もっとムーキーってある種のright thingを行う人物だったんじゃなかったっけ?とか都合よく思い込んでいたわけです。

全然今のアメリカでも怒っている話しです、そういう意味で人類の進歩には、とても時間がかかる、という事だと思います。テクノロジーの進化の早さと比べると、人間の意識の変革の遅さ、というか刷り込みの強さ、そして都合の良い解釈や、都合の良くルール道徳倫理モラルを凌駕してしまう感情のコントロールの難しさ、という事だと思います。

この時点で、昨年見たブラッククランズマンの、というかスパイク・リーの映画のスタイルは出来上がっていて、そして、ずっと画面越しに、私に訴えかけています、

「これでいいのか?」

「いい事ってなんだと思う?」

そう訴えかけられ続けていたし、その後もずっと続いていると思うのです。

でも、ここ日本はある意味平和で、パトレイバー2映画版の荒川のセリフでもありましたが、『偽りの平和を生きているとついつい忘れてしまう』という事だと思います、それにここ日本でも差別やレイシズムはおこってます。私だって何かのレイシストにならないように注意をしなければ、と思っていても、気づかないところで何かを誰かを差別しているのかも、と思うと怖くなります、差別は無意識にも行われているからです。

時々スパイク・リーの映画で頭を殴って貰わないといけないと思いました。

あ、そう言えば、サミュエル・ジャクソンも、ずっとおんなじ事言ってんですね・・・

差別という事を、差別されている側だとどう感じるのか?に興味がある人にオススメ致します。

Leave a Reply

ブログカレンダー
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ