井の頭歯科

「ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれからだ」を見ました

2020年6月30日 (火) 09:31

アリス・ウー監督     Netflix

tbsラジオのアト6で紹介されていたので見ました。

アメリカの田舎町。レポートの代筆でお金を稼ぐ以外に学生との繋がりが少ない中国系アメリカ人女性のエリ―に、アメフト部の補欠である比較的ダメ男子マンスキーが、学校イチの美人アスターへの恋文の代筆を頼まれる事になり・・・というのが冒頭です。

ああ、私は恋愛モノは比較的どうでも良くて、映画冒頭からいろいろ差し込まれる、哲学や倫理、処世術的な有名人の名言を差し込むっていうのがたまらなく好きです。メタ構造になっていくし、ミスリードを誘うにしても、そしてどんな有名な名言だとしても、ある側面でしかない、という部分も含めて、それでもなお、言葉にする、という覚悟があるように感じさせる、というのが好きなのだと自己分析するんですが、イイです。

古い映画の引用、有名な映画の名セリフを多用するのも結構好きですし、そのやり取りが、お互いにだけ分かる、というのが、アガりますね。特に高校生でイシグロ・カズオの本を読んでいる、というのはかなりイイです。私が高校生の時で言ったら誰に相当するのでしょうか?少なくとも私は読めてなかったですね。

ネタバレは避けますが、そうか、こういうのが新しい学園恋愛モノなんですね。

愛とは完全性に対する欲望と追及である プラトン

そもそも生きてるだけで結構メンドクサイと私は思ってます!そして片割れだ、と自分が思っていても、相手にとってはそうではない、という事の方が、圧倒的に、多い。

その上、片割れ同士だと感じた2人であっても、慣れ、新鮮味がなくなり、こんなはずじゃなかった、になるのが人間だぞ・・・という事を言い出すのが老害という事なんでしょうし、何事も勢いが重要だという事も理解出来ますけれど、それなら、仕方ない、ダメになる過程に厳しさを、ちゃんと味わって貰いたいですね。

愛とは完全性に対する欲望と追及である、と思い込もうとする人の徒労である。 私

アテンション7・プリーズ!

ここからはネタバレを含むので、未見の方はご遠慮ください。

ネタバレありだと、個人的には、エリーがアスターの事が好き、というのは、友情なのか?愛情なのか?はたまたそういった1つに絞れるものでもないんじゃないか?とも思ったわけです。

それはマンスキーにも言える。

アスターの事が好きなのは愛情だと思い込んでいるだけで、性的に好き、という部分はあるにしろ、それ以外に何も知らないし、知っていく過程を見ていても、まぁ確かにカズオ・イシグロが高校生に読みやすいか?は置いておくとしても、好きな相手が興味あるモノを知りたい、自分も理解したい、と思うのが普通なのでは?と私は思うので、マンスキーくんも、実のところアスターという外見を消費したい、という感じに見えます。

高校生はそんなもの、なのかも知れません、リビドーに支配される生き物としての時期ですしね~

この物語で1番成長したのは、やはりアスター。

自分の道を選んで歩きだしたわけで、この点が良かった。

あと、忘れちゃいけないのがトリッグの能天気。

でも、この能天気さが、眩しさも含んでいる、比較的おバカを、そのままに出来るのも良かった。

あと、いくら何でもパントキック失敗からのリカバリーTDは、ちょっとどうかと思うぞ。それだったらSEなわけだから、ロングパスでイイ描写だと思う・・・しかし、みんなへたくそですね、アメフト・・・

あと、エリーのお父さんが、すっごく、ジョン・ローンに似てて良かった。 そして、マンスキーのダメ感感じさせるキャスティングが素晴らしいし、見ようによってはかっこよく見える瞬間があるのも良かった、役者さんってスゴイですねぇ。

Leave a Reply

ブログカレンダー
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ