井の頭歯科

「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」を観ました

2022年1月11日 (火) 09:25

外崎 春雄監督     東宝/アニプレックス

熱心な友人が是非、という事でDVDをお借りしました。凄く大人気作品ですし、日本の映画興行成績歴代1位の作品です。

大ヒット作品ですし、私が観なくても、とも思っていましたが、お借りしたので私はオススメされると割合素直に観てしまう方なので、早速観ました。

まず、原作は読んでいません、いませんが、この話しの大筋は理解しています。鬼と呼ばれる人(?)を倒す痛快アクション作品で少年ジャンプ連載ですし、努力、友情、勝利なわけです。

アニメーションの技術的進歩を感じさせる完成度である事は間違いない作品だと思います。炎や水の表現はかなり難しい部類だと思いますが、大変美しいです。

さらに、非常に面白いと思ったのは「夢」を扱う描写です。

夢の無意識性を扱っているのは面白いと思いますし、表現としても美しく、アニメーションならでは、の表現だと思います。

また、キャラクターが非常にエッジが効いていて、とても幼い、という部分に目をつぶれば(と言いつつ、私がただのオジサンになっただけでしょうけれど)なかなか面白いと思います。ただ、全員、出てくる悪役の鬼も含めて、イイ人しか出てきませんし、卑怯なキャラクターが完全に排除されていて、その辺が深みを感じさせない平易な部分の根幹だと思いますが、まぁ少年少女向け作品ですから当然なのかも知れません。

セリフについては、とにかく何でもセリフにしてくれるので、受け手、観客が想像する部分が皆無であるのも、深みを感じさせない部分に繋がってしまうのですが、それも対象年齢が低いせいで、作り手は悪くないと思います。

思いますが、これは観てない友人が放った一言で、私も該当作品を観ていないのですが、いわゆる朝ドラとか橋田寿賀子演出、家事や何かをしながらテレビをチラ見するだけでも置いていかせない配慮がなされていて、それはやり過ぎではないか?と思う次第です。そしてその批判は、この作品を鑑賞して、当たっている、と感じました。すべてセリフで説明してくれるので、それが会話でも独白でも、全部言葉で説明してくれるので、その点が気になると言えば気になります。映画は何かをしながら見るモノではないと思うのです。観客は映画館に集中して見に来ているわけで、そういうスタンスの人を蔑ろにしていると思いますし、観客をもう少し信頼していいと思います。さらに、難しいモノを簡単に伝える、テレビではいいでしょう、しかし、それなら表現に重きを置いている美術や映画含む芸術で行う意味がなくなてしまいます。難しいモノは、興味がある人が、意思を持って、その難しいものを理解する努力が必要で、全員が分からなければならないモノではなく、簡単にすることで零れ落ちるものが多すぎると思います。

最も良かったのは「心を燃やせ」というセリフで、この言葉には、非常にチカラもあり含蓄もある言葉でしかも新しい表現、これは良かったと思います。

そして、泣かせる、という1点にのみ集中して作られているので、泣きたい、という欲望のある方には響く作品だと思います。

個人的な不満は、本当に良い子しか出てこない事なんですよね・・・人間ってもっといろいろ邪な感情が沸き起こるモノだと思うのですが、本当に良い人ばかりで、とても理想郷のような世界に感じました。そういう部分が受けているのではないか?と感じました、現実世界はコロナであまりに疲弊していますから。

それと、私は煉獄さんが、ルイス・ウェインの描く猫に見えました。そしてそういう精神状態の人にも、見えました・・・そういう想像をする私に問題があるんだと思います。思いますが、似てる・・・

Leave a Reply

ブログカレンダー
2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ