井の頭歯科

「リウーを待ちながら」を読みました。

2022年9月6日 (火) 08:50
朱戸アオ著   イブニングKC
医療系のアウトブレイクモノを扱った漫画です。久しぶりに読み返す事があったので。
若い医師である玉木は、人口9万人の静岡県の横走市中央病院(横走市は架空の都市)の勤務医ですが、清掃員のカルロスがゴミ捨て場に倒れている人物を発見し、救護に向かい・・・というのが冒頭です。
新型コロナウイルスの蔓延以前の2017年に描かれているとあるウイルスとの闘いを描いています。主人公は医師玉木ですが、疫研(恐らく国立感染症研究所がモデル?)の原神、そして自衛隊の医師で二佐などの群像劇と言っても良いかと思います。
現実の、コロナ前なのに、かなり既視感のある様々な事象が描かれています。
全3巻と短めですし、なかなか面白い着眼点だと思いますが、なんだか今読みなおすと、現実が漫画を凌駕した感が凄くあります・・・ですが、コロナ以前にこれを描いている価値は損なわれないと思います。
私は原神さんが大好きです。こういう人になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログカレンダー
2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ