井の頭歯科

「グレイマン」を観ました

2023年11月29日 (水) 09:30

 

アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ監督     Netflix

なんかダラダラとお酒を飲みながら、そう言えば今年はまだライアン・ゴズリング作品を観てなかったな、確かNetflixに新しいのが未見だったな、で見始めましたが、よく考えると2023年の今年はバービーに出てましたね。

最初にNetflixに来た時は、なんだ、アクション映画か、となって、未見だったのですが、お酒が入ると細かな事を考えられなくなるし、ちょうどいいかな、何て感じで見始めましたが、大変失礼しました・・・

面白い!凄く面白いよ!これ2022年に観てたら、間違いなく年間ベスト10に入ってました。

アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ監督、すみませんでした・・・

2003年フロリダ。刑務所の面会室と思われる部屋に受刑者のコートランド・ジェントリー(ライアン・ゴズリング)と面会するCIAのフィッツロイ(ビリー・ボブ・ソートン)がある提案を持ち掛け・・・というのが冒頭です。

スパイ、というかCIAという組織の汚れ仕事をするエージェントになるわけですけれど、とにかく展開が早くて、見やすく、画面が豪華で、キャストも最高です。

確かにアクション映画だと思います。でも、ここまで作り込まれているのであれば、これは非常に精緻に組み上げられた映画で、アクションだけでない、キャラクターの心情まで理解出来る映画に仕上がっている上に、いちいちセリフで説明しないのが最高に心地よいです。音楽も最高です。こういう全てに気を使った作品、もちろん非常にお金がかかると思いますけれど、そのお金をかけただけの大作にふさわしい、素晴らしい作品だと思います。

何しろライアン・ゴズリングですから、もう本当に安心して観ていられます。なにをやっても様になる、現代のハリウッドスターだと思います。

 

 

ここに、アナ・デ・アルマスが美しさだけでない、正しさの持ち主として現れたり、ここもイイです、ただの美しさだけで終わらないの最高です。

これに対して悪役としてのクリス・エヴァンスの、そのサイコパスさがまた素晴らしい。誰でもこの男に鉄槌を喰らわせて欲しい、と思わせるキャラクターであり、体現するの、流石。

で、この監督は初めてだと思ったのですが、なんと観てました、全然知らないでラスト2作だけ観たMCU、ま、アベンジャーズの映画ですね。でも私は全然知らなかったけれど、知らずに観たらどうなるのか?を試したかったので。

で、この監督はかなり上手い監督なのではないか?と思いました。脚本もかなり良かった。

ただ、気になる部分が全くない訳では無いのですが、その辺はネタバレになるので、割愛します。

で、出来たら続編みたいですね。

アクション映画が好きな方に、オススメします。

 

 

 

ちょっとだけ、ネタバレありの感想なので、未見の方はご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄く上手いんですけれど、ちょっとシエラ・シックス、ライアン・ゴズリングが強すぎる。凄くカッコイイんですけれど、ちょっと強すぎます。
それと、何でもできちゃうので、少し興醒めする人も居ると思います。ただ、観ている時は、頑張れシエラ・シックス!としかならないですけれど。
あと、水攻撃、これはジャン・ピエール=ジュネ&マイク・キャロ監督の「デリカテッセン」の、あの水の部屋へのオマージュだと思います、素晴らしい!あのシーン大好きです。
ま、クロアチアの城の見取り図はどうしたんだよ、とか、最初に娘(気がつかなかったけど、この人、あの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のあの子役の女の子!!!こわ、成長してるし、可愛い!ジュリア・バターズ、名前を覚えておこう!)の警護している時に、監視カメラの映像が切られたら、警護なんだからもう少しなんとかやり方があるような・・・もし複数いたらどうしていたんでしょうか・・・とか、いろいろ細かいところはあるんですけれど、本当に面白く観ました。
あ、あと、あのFBIの長官とかその手下の女とか罰を受けないのは、続編への期待という事なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログカレンダー
2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
アーカイブ
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ