井の頭歯科

2017年も終わりますね!

2017年12月26日 (火) 17:42

毎年1年が早くなっているように感じます。また11月末に転んで足首の腓骨骨折と、老いを感じる1年の締めくくりになりました。普段も気を付けていたにも拘らず、怪我する時は怪我してしまうんだなぁ、と感じました。松葉杖生活はなかなか大変で周りの人いいろいろご迷惑おかけしています。

さて、そんな中ではありますが、今年観た2017年公開映画の勝手な、ごく私的な、私の好みの判断だけで出来上がったランキングです。まぁ毎年たいした数の映画を観ているわけでもないので、非常に浅はかな、自己顕示的な、自己満足な文章です(このブログ全体がそうなんですけど)。それでも今年公開映画という意味では私の中では結構見れた年でもあります。昨年があまりに面白い映画が多かったので、昨年と比べるとややこじんまりしている印象があります。

あと、見逃してしまって残念に思っている作品としていくつかありますけど、

『ゲット・アウト』  ジョーダン・ピール監督

『希望のかなた』   アキ・カウリスマキ監督

『ギフテッド』    マーク・ウェブ監督

『パターソン』    ジム・ジャームッシュ監督

『否定と肯定』    ミック・ジャクソン監督

『散歩する侵略者』  黒沢 清監督

そして某所ではとても盛り上がり祭になったという『ハイアンドロー ムービー』の2、3を見逃しています。

特に『希望のかなた』と『パターソン』、そして『否定と肯定』を見逃す事になってしまったのは間違いなく怪我してしまったからで、大変悔やまれます。

それでは、勝手なランキングに行きましょう!

10位 『わたしは、ダニエル・ブレイク』   ケン・ローチ監督

社会派のイギリス映画、めっちゃ有名な、しかし私は初見の監督、ケン・ローチ作品です。社会の出来事には全然詳しくない私でも、この作品の素晴らしさ、と言うかとても丁寧に作られている事が理解出来る作品でした。決して重いだけの映画ではなく(もちろん重い部分もあります)、映画として面白い作品に仕上がっているのが素晴らしいです。『ムーンライト』と迷いましたが、私はこちらの映画の方が好きです。昔気質の大工が隣人とカフカ的な組織と尊厳をかけて戦う話し、そうか大好きな映画『未来世紀ブラジル』に似てるからなのかも!

9位 『三度目の殺人』   是枝 裕和 監督

かなりの不条理劇だと、私は解釈しました。だけど、役者さんの、特に役所広司さんの演技がすさまじいです。また、とあるどんでん返しがあるのですが、その事が起こる事と、個人の葛藤と、また司法制度の難しさが浮き彫りになっていて、凄く(失礼な言葉使いになりますが)面白かったです。是枝監督作品の中では異色だと思いますけど、私は好きな映画でした。カッコイイ福山さんもいいです、けど、広瀬さんの凄さみたいなものは感じられなかったです、普通な感じがしました。是枝さんは子役を指導が凄いので有名ですから、少し期待し過ぎたのかも知れませんけど。

8位 『午後8時の訪問者』   ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督    の詳しい感想は こちら

とてもサスペンスフルな映画だと思ってます。初めて見た監督でしたけど、これからはこの監督作品は必ず観に行かなきゃ!と思わせてくれました。私も医療のはじっこのすみっこに携わる人間として、観れて良かったですし、受け入れたいと思いますし、この女性主人公の行動原理の凄さに感心しました、絶対真似できないけど、目指したい方向だな、と。

7位 『夜明け告げるルーのうた』   湯浅 政明監督

天才・湯浅監督の作品が今年は2つ公開された大変珍しい年でした。この監督作品で最も衝撃を受けたのが『マインド・ゲーム』という映画で、この映画は本当に凄いです。湯浅監督が天才と呼ばれるのは、呼ばれるだけの理由があると思いますし、私は納得しています。で、今作も素晴らしいポイントがたくさんあります。けどこの作品は正直脚本には問題が結構あるとも思います、リアリティラインが何処なのか?で引っかかってしまうんですが、それでもなお!サイケで、アニメーションの動きで見せつけてくれます!音楽も良かったです。

6位 『グッド・タイム』   ジョシュア&ベニー・サフディ監督

予告編の映像のスタイリッシュさ、だけで手を出したのですが、当たりでした!これまた全然知らない監督でして、兄弟で監督です、また弟は役者としても出演しています、非常に重要な役で、しかも上手いです。この映画は、ある瞬間から、突然走りはじめるんですが、その後ノンストップで駆け抜けるタイプの映画です。次にどうなるんだろう?と思わずにはいられない映画でした。すっごく面白いのですが、全然噂を聞かなかったです。この監督作品も劇場でかかったら必ず行かなければ!と思ってます。音楽も素晴らしいです。

5位 『聖なるもの』   岩切 一空監督       の詳しい感想は こちら

この監督はMOOSIC LAB2017で知りましたし、この界隈の方々が口を揃えて「すごいです」と言っていました、その界隈の方々は私の子どもと言ってよい年齢で、能力的には物凄い能力の高い人たちなんです。東京の大学生すげぇ!と(私は出身は東京ですが地方ダメ大学出身者です、もちろんダメな部分もたくさんありますけど、出身なので大事でもあります)思います。で、観たら凄かった!!です。しかし大学生でこんな事やってるなんて、自分の大学時代の文化的僻地からすると天国のように見えます。まぁ仮に私がその中にいてもダメ学生だったでしょうけれど。wヒロインが両方ともスゴイです。

4位 『ベイビー・ドライバー』   エドガー・ライト監督

大好きな監督エドガー・ライト。そのエドガー・ライト監督が大人になってしまいました・・・素晴らしい映画です、本当に凄いです。でも、あの「ショーン・オブ・ザ・デッド」とか「ホット・ファズ」みたいな映画も撮って欲しいんです・・・非常にアンビバレントな、まるでエドガー・ライトのお父さんになってしまったかのような心境になります。でも映画として素晴らしいです。もう何処でも『エドガー・ライト監督作品好きです!』って言えます。前も言ってましたけど、勇気がいらなくなりました(笑)

3位 『なっちゃんはまだ新宿』   首藤 凛監督    の詳しい感想は こちら

3位でいいのか?とも思うんですが・・・とにかく観て!そして、観たら私と話しませんか?という映画です。正直に言うと、もし、骨折してなかったとしたら、あと3回は劇場に足を運んでいたと思います。都合4回観ました。たった4回ですみません、という気持ちになるくらい心掴まれる映画でした。とにかく、観られるチャンスがあったら観てください、スゴイです。秀逸なタイトルだと思いません?

2位 『虐殺器官』   村瀬 修功監督     の詳しい感想は こちら

大好きなSF作家の伊藤 計劃さんが原作ですし、制作が1度頓挫した、と聞いていたので、大変ショックだったのですが、ついに公開されたので、2位とさせていただきました。原作をよくぞここまで映像化してくれた、ありがとう、という気持ちでいっぱいです。アニメーションでしか描けない、いや、もちろんハリウッドの大資本でCGで作っても素晴らしい作品になると思います。が、この作品は日本で、アニメーションで作ってくれた事に意義があると思っています。確かにアニメーション映画ですが、観る人を選ぶ傑作だと思います、原作が素晴らしいからこそ、ですけど。めちゃくちゃヘヴィーな話しです。地獄、とは何処にあるのか?という話しです。

1位 『ナイスガイズ』   シェーン・ブラック監督    の詳しい感想は こちら

今年は役者としてはライアン・ゴズリングの年だったと思います、『ララランド』しかり『ブレードランナー2049』しかり。観ていて気持ちいい、クールでハンサム、演技も上手くて最高の役者さんが当たり役で大作に、1年のうちに立て続けに(まぁ日本での公開では、という事になりますけど)2本出演している、両作品とも非常に宣伝され、注目されました。スゴイ!でも私はこの『ナイスガイズ』の やすい ライアン・ゴズリングが大好きなんです。まるで『インヒアレント・ヴァイス』のような『ビック・リボウスキ』のデュードのような、そんなマーチ探偵がまた観たい!続編を強く希望しています。
以上、あくまで私的な2017年の映画ランキングでした。

今年も大変いろいろな方にお世話になりました。

年内は28日まで診療致します。

皆様、良いお年を!

大晦日は1年に1回しか無いので、今年も最後はいつもの動画にしようかと思いましたが、大晦日、と言えば、この映画も大晦日です。

なので今年はちょっと変えてみました。

このセリフ、全てが面白いんです。

ブログカレンダー
2017年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログページトップへ
地図
ケータイサイト
井の頭歯科ドクターブログ